伊メディアによるW杯決勝フランス対クロアチアの採点は?グリーズマンらを絶賛

コメント()
2018-07-15 France
Getty Images
イタリアメディアでは、フランスのアントワーヌ・グリーズマンやキリアン・ムバッペが絶賛された一方、クロアチアのルカ・モドリッチはバロンドールのチャンスを逃したのではないかと指摘されている。

ロシア・ワールドカップは15日に決勝戦が行われ、フランスが4-2でクロアチアを下し、20年ぶりの優勝を飾った。イタリアメディア『メディアセット』が、この試合の選手採点を発表した。

フランスとクロアチアによる、約1カ月続いた祭典を締めくくる最後の戦い。フランスは前半にオウンゴールで先制すると、その後3得点を奪い、地力の差を見せつけて世界の頂点に立った。

フランスの最高評価は、FWアントワーヌ・グリーズマン、FWキリアン・ムバッペ、MFポール・ポグバの3選手で、「7.5」を与えられている。

グリーズマンについては、「すべては彼の左足から生まれた。FKで(マリオ)マンジュキッチのオウンゴール、CKでは(イヴァン)ペリシッチのハンドを誘い、PKでは(ダニエル)スバシッチの隙を突いた。ポグバのゴールシーンでも、完璧なアシストをした。素晴らしい。またテレビゲーム『フォートナイト』のゴールパフォーマンスで、世界中の若者たちを引き付けた」と絶賛した。

同じく最高評価のムバッペについても、「もはや比較しても無駄だ。ほかの名前を挙げることはせず、1998年12月生まれの選手のとてつもない強力なフィジカル、テクニックは特筆したい。右サイドで大暴れし、強烈なゴールをマークした。ボールを持っていようとなかろうと、常に脅威となった」と称賛した。

またクロアチアのペリシッチにも「7.5」の最高評価が下されている。「彼の決勝戦は物議をかもすものになった。故意ではないハンドにより、フランスの先制点となるPKを与えてしまったが、すぐに素晴らしいシュートで1-1に追いついた。彼のゴールが決勝戦で最高のゴールだった。フィジカルコンディションは良好とは言えなかったが、できる限りを尽くした。拍手に値する」と綴り、健闘をたたえた。

■モドリッチは人生のチャンスをフイに?

一方、最低評価となる「5」は、GKウーゴ・ロリスとスバシッチの両守護神およびMFルカ・モドリッチら5選手に下された。モドリッチはキャプテンとして躍進したチームを支え、今大会のMVPにも輝いたが、決勝の舞台で実力を発揮することはできなかった。「もしバロンドールの審査がこの試合も考慮するなら、良きルカはおそらく、人生のチャンスをフイにしてしまったはずだ。消極的で、おびえているようだった。まさに彼こそが常にレアル(マドリー)を優勝へと導いたのだが、チーム(クロアチア)をけん引することはできなかった」と辛らつに綴っている。

以下、『メディアセット』による選手採点(10点満点)。

■フランス

GK:ロリス(5)
DF:パヴァール(5.5)、ヴァラン(7)、ウムティティ(6)、エルナンデス(6.5)
MF:ポグバ(7.5)、カンテ(5.5)、マテュイディ(6)
FWグリーズマン(7.5)、ジルー(5.5)、ムバッペ(7.5)

サブ:エンゾンジ(6.5)、トリッソ(6)、フェキル(採点なし)

■クロアチア

GK:スバシッチ(5)
DF:ヴルサリコ(6)、ロブレン(5.5)、ヴィダ(6)、ストリニッチ(5)
MF:ブロゾヴィッチ(6.5)、モドリッチ(5)、ラキティッチ(6)
FW:レビッチ(6)、ペリシッチ(7.5)、マンジュキッチ(6)

サブ:クラマリッチ(5)、ピアッツァ(採点なし)

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

閉じる