代表デビューの北川航也がスタートラインに立って感じたもの「日の丸を背負うことなんだな…」

コメント()
©J.LEAGUE
清水エスパルスFW北川航也が、パナマ戦で日本代表デビューを飾った。

清水エスパルスFW北川航也が、12日に行われたキリンチャレンジカップ2018のパナマ戦で、待望の日本代表デビューを飾った。

北川は、今季の明治安田生命J1リーグで28試合に出場し、11ゴールを記録。7日に行われたジュビロ磐田との静岡ダービーで2ゴールを挙げて自身初の二桁得点を達成した。その後、小林悠と浅野拓磨が負傷したため、川又堅碁とともに日本代表へ追加招集された。

そして迎えたパナマ戦。大迫勇也の相棒として先発も予想されたが、ベンチスタート。しかし66分、その大迫に代わり、ついにA代表デビューを飾った。北川は試合前セレモニーや、君が代を歌う場面を目にして「(これが)日の丸を背負うことなんだなというのを感じました」と、感慨深げに語った。そして、ピッチに入った瞬間にここが「スタートライン」だと感じたと続けた。

「まずチームが勝つことが第一なので、失点をしないということは頭にいれて入った。青いユニフォームを着て(ピッチに)立ったということが、スタートラインだと思う。これまで支えてくれた方々に感謝の気持ちだったり、エスパルスへの感謝というものは常に持って、という気持ちでピッチの上に立ちました」

そう表現した北川だが、その眼差しはすでに先を見据えていた。

「次の試合で出場するチャンスがあれば、またゴールに迫って、迫力を出していくところだと思うし、ゴール前に入っていくというところは止めない。そういうところは継続してやること。どんな状況で出るかわからないですけど、相手にプレスを掛け続ける、クロスを狙い続ける、仕掛け続ける、裏を取り続けるというサッカーに大事な要素、勝つために大事な要素というものを継続してやれたらと思います」

日本代表は16日に埼玉スタジアム2002で南米の強豪・ウルグアイ代表と対戦する。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
アラベス、乾貴士を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得か
次の記事:
ファン・ダイク、指揮官との100億超え移籍金についての会話を明かす…救われたクロップの言葉とは?
次の記事:
ムバッペ、レアル・マドリー移籍を否定せず「フットボールの世界では何が起こるかわからない」
次の記事:
コウチーニョ獲得へチェルシーがバルセロナに接触…移籍金として140億円を準備か
次の記事:
難敵ライプツィヒを下したドルトムント、首位キープに指揮官も満足
閉じる