今後10年日本代表を支えるCBへ…冨安健洋、A代表デビューも謙虚な姿勢貫く「ポジティブに反省を」

コメント()
(C)Getty Images

弱冠19歳で日本代表デビューを飾った冨安健洋。謙虚な姿勢を貫く若武者は、今後10年以上サムライブルーを支えるCBに成長できるのだろうか。

森保ジャパンは12日、キリンチャレンジカップでパナマ代表と対戦。前半終了間際に南野拓実が先制点を奪うと、後半には2ゴールを追加して3-0と快勝。前回のコスタリカ戦に続き、3得点無失点と見事な結果を収めている。

森保一監督体制でA代表に初招集され、パナマ戦が代表デビューとなった冨安。先発は直前のミーティングで伝えられたと語る19歳DFは、「緊張かどうかも分からないくらい頭がボーッとしてという状況だった」と、試合前には緊張で頭が真っ白だったという。

それでも、「始まってしまえば思ったよりも体が動いて、すんなりゲームに入ることができたので、まぁ良かったかなと思います。なんでだかは分からないけど、試合が始まる前までボーッとしていたというか、今までにない感覚だった。不安でしかなかったけど、始まってみると意外にも入れたのでホッとしています」

そして「槙野(智章)さんもそうですし、色々な先輩方からどんどん思い切ってやれと声かけてもらって。槙野さんは常に試合中も声をかけてくれていましたし、楽しんでやれと言ってくれたので、おもいきってできました」と先輩から助言があったことを明かしている。

■10代で代表デビューも謙虚な姿勢

そして、90分間を終えての感想、手応えを語っている。

「まずは無失点に抑えられた。常に求めているところなので良かったと思います。細かいミスもあったし、また映像とか見返しながら反省して次につなげたいですね」

「(手応えは?)まだ1試合やっただけですし、これでどうこうというわけではないと思うので、また練習からアピールしないといけないですし、立場というのは変わらないと思う」

「もちろん、勝って無失点に抑えてホッとした部分はあるけど、勝ったからこそポジティブに反省できるし、これで終わりというわけでもないので。また切り替えてやらないといけないと思います」

10代でA代表デビューとなったが、「堂安(律)も同い年ですし、同世代にたくさん良い選手がいて、そういう選手の活躍も刺激になっています。負けないようにと思いながらやっているので、切磋琢磨しながらやっていければいいなと思います」と周りの影響を受けながら成長していきたいと意気込んでいる。

2018年1月にベルギー1部のシント=トロイデンへの移籍を選択した冨安。10代にして海外挑戦を選んだことはプラスになっているとしつつ、練習から一歩ずつやっていかなければならないと謙虚な姿勢を見せている。

「ベルギーでプレーできていなかったらまずA代表に選ばれていないと思うし、試合に出させてもらっているので、その経験は生きていると思います」

「試合にでなければわからないことがありますし、ベルギーでやっていても試合を重ねるごとに課題が出て、それが成長につながる。試合に出るためにまた練習からやらないといけないですね」

A代表デビューで先発の座を掴み、クリーンシートに貢献するパフォーマンスを見せた冨安。東京オリンピック、カタール・ワールドカップ、さらにその次など、今後10年以上日本代表を支えるCBになることはできるだろうか。初出場で緊張を見せながらも、謙虚な姿勢を貫く19歳DFの未来は明るい。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
アンデルレヒトがMFジュリを獲得…ライバル出現も森岡亮太は「残留希望」か
次の記事:
3戦を振り返る森保監督「僕が言ったことだけでなく」…メディアにもオープンな姿勢を求める
次の記事:
ヴァイグルを強く求めるPSG指揮官トゥヘル「依然として興味深い選手」
次の記事:
森保監督、次戦先発は「ギリギリまで悩む」。サウジへは警戒感示す「アジアでもトップクラス」
次の記事:
札幌と広島が参加のJリーグアジアチャレンジinタイ、DAZNで全試合ライブ配信!
閉じる