ニュース ライブスコア
UEFAチャンピオンズリーグ

今季初黒星に落胆のクロップ…枠内シュート0本に「最後はいつだったか思い出せない」

11:03 JST 2018/10/04
2018-10-04 Jurgen Klopp.jpg
ナポリに圧倒された試合を振り返ったリヴァプール指揮官は自身のミスだったと言及した。

ナポリに敗れたリヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、今シーズン初黒星に肩を落とした。

3日に行われたチャンピオンズリーグ グループC第2戦でリヴァプールは敵地でナポリと対戦。ホームのナポリに押された展開の続いたリヴァプールは、0-0で迎えた試合終了間際にロレンツォ・インシーニェに決勝点を許し、0-1で敗れて今シーズン初黒星を喫した。

敗戦後、クロップ監督は会見で「試合のは入りは良かった。しかし、ディフェンス面は十分ではなく、スペースを埋めることができていなかった。対応できず、彼らはやりたいようにプレーしていた」と結果に落胆した様子で語った。

「このようなことは時折起こる。もっと激しく、落ち着いて戦わなければならなかった。チャンスもほとんど作れなかった。前半はOKだったが、後半は十分ではなかった。GKがベストプレーヤーになったことは良い兆候ではない。しかし、今夜はそれが顕著に現れてしまった」

「そして、89分。我々は再びミスを犯してしまった。ジョー(ゴメス)とビルヒル(ファン・ダイク)の間が開きすぎて対応できなかった。今シーズン失点はほとんどないが、このような形のゴールは2回目だ。すぐに修正する必要がある。この試合での大部分のパフォーマンスは私のミスだ。ミスを確認する必要がある」

また、枠内シュートが0本に終わったことについても言及。

「最後がいつだったか思い出せない。枠内シュートがなかったことは良くない。彼らは良い試合をしたが、我々はそうではなかった。相手は勝ち点3に値したよ」

8日のプレミアリーグでは、勝ち点で並ぶ首位マンチェスター・シティとの一戦。リーグ戦中断前の重要な試合に向けても同指揮官は口を開いた。

「日程を変えることはできないから準備しなければならない。3日間の休養を経て、シティ戦を迎える。難しい試合になるだろう。選手たちの状態を見て準備したい。しかし、次の試合では観客が我々の背中を押してくれるはずだ。日曜日は今夜とは100%異なる雰囲気になるだろう」

▶UEFAチャンピオンズリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ