今季初得点の磐田FW川又堅碁「行くっしょ、余裕で」…ゴール量産で代表入りも目指す

コメント()
(C)J.LEAGUE
ジュビロ磐田FW川又堅碁は負傷離脱のアダイウトン、そして自身の今季初得点について語った。

「本当に最高の仲間がケガをした。俺だったら試合も見たくないぐらい。つらい思いをしてると思うけど、その中で、毎日ポジティブにみんなに元気をくれた」

明治安田生命J1リーグ第5節・浦和レッズ戦で、今季初得点を含む2ゴールを決めたジュビロ磐田FW川又堅碁は、前節の試合中に負傷し、全治6カ月と診断されたFWアダイウトンについて、このように語る。

「ゴールを決めないと、そろそろ怒られるかな」と思っていた川又の今季初得点は、前半終了間際に生まれた。「(高橋)祥平が反らしてくれると思っていた。相手DFも足が止まってたので、あの前に落ちるだろうなという予測があって反応できた」と振り返るゴールは、貴重な同点弾となった。

そして81分に決めた2点目は、決勝ゴールとなった。喜びを爆発させ、磐田サポーターが集うゴール裏に向かって走ると、アダイウトンの背番号15が描かれたTシャツを掲げた。このシーンについては「俺は出場中だったので試合に集中していましたが、(三浦)龍輝が(Tシャツを)持ってきてくれて。本当に仲間思いだなと感じました」と、控えGKの気遣いに目を細めた。

川又はFIFAワールドカップ・ロシアに向けた日本代表入りもあきらめていない。「あそこで点を取っておけば、(ベルギー遠征に)呼ばれる可能性もゼロではなかった」と、開幕からの4試合で無得点だったことを悔いながらも、「ここからどれだけゴールを決められるか。どれだけチームを勝たせるかが大事」と語り、「行くっしょ、余裕で」とゴール量産を誓った。

磐田は4日にJリーグYBCルヴァンカップ第3節・ヴァンフォーレ甲府戦を行い、7日にJ1第6節、清水エスパルスとの「静岡ダービー」を迎える。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる