今季リーグ戦初出場のC大阪MF清武弘嗣、ハリル解任受けて「絶対に結果が必要」と力説

コメント()
(C)J.LEAGUE
セレッソ大阪MF清武弘嗣が今季リーグ戦初出場を果たした。その清武は日本代表に対する熱い思いを語った。

セレッソ大阪MF清武弘嗣が今季リーグ戦初出場を果たした。

明治安田生命J1リーグ第7節が11日に行われ、C大阪は等々力陸上競技場で川崎フロンターレと対戦。2-1の逆転勝利を収めた。C大阪の尹晶煥監督は72分、負傷により離脱していた清武を送り出した。

C大阪の尹晶煥監督は試合後、清武の起用について次のように説明した。

「いますぐ先発で起用するのは無理があると思います。いまは本当にいい方向に向かっていますし、もちろん最初から出られればありがたいですが、ここでケガをされてしまうと復帰までに時間が長く掛かってしまうので、いまは少しずつ時間を増やそうという段階です。清武選手の場合は最初から出ると頑張りすぎてオーバーしてしまう部分があるので、そういった部分に関してはしっかりとブレーキを掛けてあげることが必要だと思っています」

それでは、本人はどのように感じているのだろうか。清武は試合後、次のように語った。

「昨年のリハビリ明けよりは、体重もコンディションも、すごくいいので、あんまり違和感はなく入れたなと思います。入る前に、このまま行ってたら5バックにすると(監督が)言ってたので。こういう戦いになるだろうなと思いながら、まずは、取りあえず失点をしないように。あとは持った時に、(柿谷)曜一朗と(杉本)健勇が取りあえずいたので預けて、一緒にやれたかなという感じです」

惜しいチャンスもあったが「疲れました」と語るなど、完全復活に向けて手ごたえを感じているものの、まだ時間が掛かると考えているようだ。

ヴァイッド・ハリルホジッチ氏が、日本代表の監督を解任になった。清武は「ハリルさんになって、僕は結構呼ばれてる方だった。こんな風になって、もちろん残念な気持ちはある」と振り返り、次のように語る。

「Jリーグを見てもそうですし、デュエルの部分は植え付けてくれました。(こうした逆境を覆すためにも)やっぱり日本代表が結果を出さないといけないと思います。(新監督が)西野(朗)さんになるので、チーム作りも短期間で行われる。選手1人ひとりの意識とか責任感は、いままで以上に持たないと。僕はブラジル(W杯)に行っていますが、その時みたいなことは、やっぱり繰り返したくない」

そして自身が選出されるかに関わらず、日本代表は結果を出さないといけないと力説した。

「この4年間、いろいろ感じてきました。もちろん自分がピッチに立ちたいという気持ちはあるのですが、今回こういうことが起こったので、自分の中でも変化があって、これを日本サッカー界が全体として受け止めないといけないと思います。23人に選ばれた人は、絶対に結果を出さないといけないと思います。そういう気持ちを持たないとこれから日本サッカーっていうのは発展しないと思います。なので、今回こういうことが起こって、もちろん自分は出たいですけど、これからのことを考えれば、絶対に結果が必要なので、僕は選ばれようが、選ばれなかろうが、しっかりと結果を求めて、これからの世代につなげていかないと、日本サッカーはいい方向に進まないと思います」

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる