今季のヨーロッパリーグ得点王は誰だ!アザール?オーバメヤン?徹底予想

コメント()
Getty Images
昨季はインモービレとアドゥリスが分け合ったEL得点王の称号は今季、誰の手に渡るのだろうか。昨シーズンのランキングや歴代得点王などと共に予想してみよう。

昨シーズンはチーロ・インモービレとアリツ・アドゥリスが同点で得点王に輝いたヨーロッパリーグ。今シーズンはエデン・アザールやピエール=エメリク・オーバメヤンらのビッグネームもグループステージから参戦し、ハイレベルな戦いが繰り広げられそうだ。

■昨シーズン得点王

3ゴール差の中に14選手がひしめき合う大混戦となった昨シーズンは、ラツィオFWチーロ・インモービレとアドゥリスが得点王の座を分け合った。

※所属チームは当時

※ゴール数は予選、プレーオフを除いた記録

1位 チーロ・インモービレ(ラツィオ) 8ゴール

    アリツ・アドゥリス(アスレティック・ビルバオ)

3位 ジュニオール・モラエス(ディナモ・キエフ) 7ゴール

4位 マリオ・バロテッリ(ニース) 6ゴール

         アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー)

         アクサンドル・ココリン(ゼニト)

         アンドレ・シウヴァ(ACミラン)

         エミリアーノ・リゴーニ(ゼニト)

         マヌエル・フェルナンデス(ロコモティフ・モスクワ)

9位 パトリック・トゥマシ(アスタナ) 5ゴール

         モアネス・ダブール(ザルツブルク)

         ヴァロン・ベリシャ(ザルツブルク)

         アーレム・グノエレ(ステアウア・ブカレスト)

         ウィリアン・ジョゼ(レアル・ソシエダ)

■歴代得点王

過去5年間を振り返ってもアドゥリスが2度獲得した以外は毎シーズン、新たな得点王が誕生。さらにその間、3度は複数選手が同点で並んでおり、ヨーロッパリーグでの得点王争いの激しさを物語っている。

※所属チームは当時

2017-2018 チーロ・インモービレ(ラツィオ) 8ゴール

        アリツ・アドゥリス(アスレティック・ビルバオ)

2016-2017 エディン・ジェコ(ローマ) 8ゴール

                     ジュリアーノ (ゼニト)

2015-2016 アリツ・アドゥリス(アスレティック・ビルバオ) 10ゴール

2014-2015 アラン(ザルツブルク) 8ゴール

                     ロメル・ルカク(エヴァートン)

2013-2014 ジョナサン・ソリアーノ(ザルツブルク) 8ゴール

■得点王の候補者たち

ピエール=エメリク・オバメヤン(アーセナル)

昨シーズン途中にドルトムントからアーセナルへ加入すると、わずか13試合で10ゴールを記録。2シーズン前にブンデスリーガで31得点を記録した実力を見せつけた。驚異的なスピードを武器にゴールを量産するガボン代表ストライカーが今大会の得点王大本命だ。

エデン・アザール(チェルシー)

世界トップクラスのドリブル技術で決定機を生み出し、昨シーズンはプレミアリーグで12ゴールを記録。ロシアW杯ではベルギー代表のエースとして決勝進出に貢献した。さらに今夏はクリスティアーノ・ロナウドの後釜としてレアル・マドリーが獲得を狙うなど、成長の止まらない27歳から目が離せない。

ゴンサロ・イグアイン(ACミラン)

過去2シーズンで合計40ゴールを記録したセリエA屈指のストライカーは今夏、ユヴェントスからACミランにレンタル移籍で加入。優れたゴールへの嗅覚と高い決定力でセリエAのシーズン最多得点記録を持つ生粋の点取り屋がヨーロッパの舞台でも得点王獲得を狙う。

チーロ・インモービレ(ラツィオ)

優れた俊敏性を活かし、相手DFの裏への飛び出しを得意とするイタリアを代表するストライカー。昨シーズンはヨーロッパリーグとセリエAで得点王に輝くなど、全公式戦通算で41ゴールを挙げる大活躍を見せ、今季も2年連続でのEL得点王に大きな期待がかかる。

ティモ・ヴェルナー(RBライプツィヒ)

圧倒的なスピードを活かしたプレーで得点を量産する注目のストライカー。ブンデスリーガでは2016-17シーズンに21歳にして21ゴールを挙げる活躍を見せ、さらに昨シーズンはチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグ合計で7ゴールを記録。ヨーロッパの舞台でもその能力を証明したドイツのスピードスターに注目だ。

アンドレ・シウヴァ(セビージャ)

今夏にACミランからレンタル移籍で加入したストライカーは、2015-16シーズンはポルトガルの名門ポルトで20歳にして10番を背負うと、リーグ戦で16ゴールを記録。昨シーズンはACミランで期待された活躍を見せることができなかったが、高い身体能力に、優れたボールコントロール技術を併せ持ち、その潜在能力は本物だ。ヨーロッパでの若きストライカーの活躍が期待される。

▶UEFAヨーロッパリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
デュッセルドルフ、敵地で貴重な勝ち点3…宇佐美と交代のFWが決勝点
次の記事:
長谷部フル出場のフランクフルト、魅惑のトリオが揃い踏みで後半戦3発白星スタート
次の記事:
高まる競争力。誰が出るか分からない状態…遠藤航「スタメンを固定している感じではない」
次の記事:
アンチェロッティ、選手ジダンの影響力を語る「彼がいたから実践するプレースタイルを変えた」
次の記事:
ウズベク戦で自信を手にした伊東純也。サウジ戦でも「攻撃のところで違いを見せたい」
閉じる