ニュース ライブスコア
UEFAチャンピオンズリーグ

【CL優勝予想】レアル?バルサ?優勝チームを大胆予想/18-19チャンピオンズリーグ

22:53 JST 2018/09/11
Real Madrid Champions League trophy 2018
昨季はレアル・マドリーの3連覇で幕を閉じたチャンピオンズリーグ。今季の優勝候補を昨季の結果やブックメーカーのオッズなどを基に予想してみよう。

▶期間限定2ヶ月間無料トライアル実施中!サッカー観るならDAZNで。

昨シーズンはレアル・マドリーが3年連続となる13度目の戴冠を果たしたチャンピオンズリーグ。今シーズンはどのクラブが欧州一の座を手に入れるのだろうか。

UEFAチャンピオンズリーグ 昨シーズンの結果

優勝候補だったバルセロナやマンチェスター・シティが準々決勝で敗退し、マンチェスター・ユナイテッドやパリ・サンジェルマンといった強豪が決勝トーナメント1回戦で姿を消した昨シーズン。決勝では悲願のCL制覇まであと一歩に迫ったリヴァプールをレアル・マドリーが退け、史上初の大会3連覇を果たした。

※決勝以外は2戦合計スコア

決勝

レアル・マドリー 3-1 リヴァプール

準決勝

レアル・マドリー 4 -3 バイエルン・ミュンヘン

リヴァプール 7-6 ローマ

準々決勝

ローマ 4-4 バルセロナ *アウェーゴールの差でローマが勝ち上がり

バイエルン・ミュンヘン 2-1 セビージャ

レアル・マドリー 4-3 ユヴェントス

リヴァプール 5-1 マンチェスター・シティ

決勝トーナメント1回戦

ユヴェントス 4-3 トッテナム

マンチェスター・シティ 5-2 バーゼル

リヴァプール 5-0 ポルト

セビージャ 2-1 マンチェスター・ユナイテッド

レアル・マドリー 5-2 パリ・サンジェルマン

ローマ 2-2 シャフタール・ドネツク *アウェーゴールの差でローマが勝ち上がり

バルセロナ 4-1 チェルシー

バイエルン・ミュンヘン 8-1 ベジクタシュ

■UEFAチャンピオンズリーグ 歴代優勝チーム

UEFAチャンピオンズリーグ(前身のユーロピアンカップ含む)の優勝回数は、レアル・マドリーの13回が最多。それにミランの7回、バイエルン・ミュンヘン、リヴァプール、バルセロナの5回が続く。国別では、スペインの18回が最多で、それにイタリアとイングランドの12回が次ぐ。※下記は2000年以降での歴代優勝チーム

2017-18 レアル・マドリー(スペイン)
2016-17 レアル・マドリー(スペイン)
2015-16 レアル・マドリー(スペイン)
2014-15 バルセロナ(スペイン)
2013-14 レアル・マドリー(スペイン)
2012-13 バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)
2011-12 チェルシー(イングランド)
2010-11 バルセロナ(スペイン)
2009-10 インテル(イタリア)
2008-09 バルセロナ(スペイン)
2007-08 マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
2006-07 ミラン(イタリア)
2005-06 バルセロナ(スペイン)
2004-05 リヴァプール(イングランド)
2003-04 ポルト(ポルトガル)
2002-03 ミラン(イタリア)
2001-02 レアル・マドリー(スペイン)
2000-01 バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)

▶期間限定2ヶ月間無料トライアル実施中!サッカー観るならDAZNで。

■UEFAチャンピオンズリーグ 今シーズンの優勝候補は?

レアル・マドリー

シーズン終了後に、チームをCL3連覇に導いた指揮官ジネディーヌ・ジダンとエースのクリスティアーノ・ロナウドが退団したが、大黒柱の穴を埋めるようなビッグネームの獲得には至っていない。元スペイン代表監督のジュレン・ロペテギが新監督に就任したものの、スタートダッシュに失敗して解任。現在はサンチャゴ・ソラーリが指揮を執る。苦境にあるが、セルヒオ・ラモス、ルカ・モドリッチ、トニ・クロースらチームの屋台骨を支える選手たちは揃っており、攻撃面もギャレス・ベイルが昨シーズンの決勝で見せたような働きを継続できれば、4連覇も見えてくるだろう。グループリーグではCSKAモスクワに不覚をとるなどの失態もあったが、首位で突破している。

マンチェスター・シティ

昨シーズンはベスト8で敗退となったが、プレミアリーグで史上初の勝ち点100を記録した強さは本物だ。ケヴィン・デ・ブライネ、イルカイ・ギュンドアン、ダビド・シルバ、フェルナンジーニョらの豪華MF陣に今夏、リヤド・マフレズが加入。過密日程に耐えうるだけの戦力が揃っており、ペップの代名詞でもある華麗なパスワークから生まれる圧倒的な攻撃力でヨーロッパ制覇を目指す。

バルセロナ

過去9度ヨーロッパを制した名門も、宿敵レアル・マドリーとは対照的に3年連続でベスト8止まり。しかしリオネル・メッシとルイス・スアレスの強力FW陣に、イヴァン・ラキティッチ、セルヒオ・ブスケッツ、フィリペ・コウチーニョといった豪華MF陣は健在。さらに今季はMFアルトゥーロ・ビダル、MFケビン・プリンツェ・ボアテングらの即戦力を補強し、ヨーロッパでの復権を狙う。グループリーグでは圧倒的な強さでグループBを突破した。

ユヴェントス

昨シーズン、セリエA7連覇を達成したイタリアの絶対王者は過去4大会のうち、2度決勝進出しており、1995-96シーズン以来のヨーロッパ制覇まであと一歩に迫っている。さらに今夏はレアルをCL3連覇に導いたクリスティアーノ・ロナウドを獲得。エムレ・ジャン、レオナルド・ボヌッチらの実力者も加え、優勝に向けて準備は万端。国内リーグでも8連覇を既に手中に収めつつあり、本大会に全力を注ぐだろう。

パリ・サンジェルマン

ここ数年の大型補強が実り、昨季は国内4冠を達成した。今夏はヨーロッパの舞台で結果の出せなかったウナイ・エメリとの契約を終了し、元ドルトムント指揮官のトーマス・トゥヘルを招へい。エースのネイマール、19歳の若さでフランス代表の10番を背負いW杯制覇に大きく貢献したキリアン・ムバッペらの強力攻撃陣に加え、新守護神としてヨーロッパでの経験も豊富なジャンルイジ・ブッフォンを獲得した。CLを制し真のビッグクラブになることができるか注目したい。「死の組」グループCを首位で突破した。

バイエルン・ミュンヘン

昨シーズンも2位に勝ち点21の差を付け、ブンデスリーガ6連覇を果たした国内では敵なしの強さを誇る名門も、ヨーロッパの舞台ではここ5大会は決勝に駒を進めることができていない。昨シーズン途中に就任すると見事チームを立て直した名将ユップ・ハインケスがシーズン終了後に勇退し、フランクフルトに30年ぶりのタイトルをもたらしたニコ・コバチが新監督に就任。アルトゥーロ・ビダルが退団した一方、シャルケから23歳のレオン・ゴレツカを獲得し、21歳のレナト・サンチェスと23歳のセルジュ・ニャブリがレンタル移籍から復帰するなど若返りを進めたが、今季は国内リーグではドルトムントの後塵を拝している。

■注目のオッズは?

大手ブックメーカーbet365の予想(2019年2月5日時点)では、今季はマンチェスター・シティが本命となっているものの、バルセロナとの差はわずかとなっている。その後を少し差を開けて、ユヴェントスやパリ・サンジェルマンが続く形になっている。

マンチェスター・シティ 4.5

バルセロナ 5.5

ユヴェントス 7.5

パリ・サンジェルマン 8

リヴァプール 9

レアル・マドリー 13

バイエルン・ミュンヘン 15

アトレティコ・マドリー 21

トッテナム 26

ドルトムント 26

マンチェスター・ユナイテッド 29

アヤックス 101

ポルト 101

ローマ 101

リヨン 126

シャルケ 251

▶期間限定2ヶ月間無料トライアル実施中!サッカー観るならDAZNで。

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ