亡き会長へ捧げる勝利…レスター指揮官と守護神「彼と家族のための勝利だ」

コメント()
Getty Images
ピュエル監督は難しい時間が続くも、この状態を維持して次戦に臨みたいと話した。

レスター・シティのクロード・ピュエル監督は、クラブ会長逝去の悲しみを乗り越えて勝利を手にしたチームを称えた。

10月27日にキングパワー・スタジアムで行われたウェスト・ハム戦後、ピッチから飛び立ったヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ会長の所有するヘリコプターがスタジアム駐車場に墜落。同会長を含む搭乗者5人全員が犠牲となる大事故が起きた。

この訃報から1週間が経過した3日、レスターは最初の公式戦に臨んだ。カーディフ・シティのホームで行われた一戦で、0-0で迎えた55分にデマライ・グレイがこの試合唯一の得点を奪い、レスターが1-0で勝利。勝ち点3を手にした。

試合後、ピュエル監督はイギリス『スカイスポーツ』に対して会長に捧げる結果を手にできたと話している。

「難しい試合だった。キックオフから試合終了まで、我々は集中力と熱意を持って、良いプレーができていた。この結果を手にするだけのプレーができていたし、我々の会長を称える素晴らしい機会になった」

「今はまだ最初の一歩に過ぎないし、この気持ちを来週にも維持できると願っている。我々はタイでの葬儀に参列し、週の半ばに戻ってくるから容易ではないが、ホームでの最初の試合となるバーンリーとの一戦に向けた準備をしなければならない」

また、守護神のカスパー・シュマイケルは「誇りに思う。クラブのみんなにとって本当にタフな1週間だったけれど、この悲しみを乗り越えるためにみんながやってきたことはヴィチャイが築き上げた家族の証だ」と言及。

「今日はタフな試合だったけれど、みんなのプレーやプロとしての姿勢をとても誇らしく感じている。感情的な1日になったが、彼と彼の家族のために3ポイントを獲得できた。難しい試合での勝利を手土産にタイへ飛び立てることを嬉しく思う」

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる