井手口陽介が新たな布陣で意識すること…西野朗監督には好印象

コメント()
(C)Getty Images
西野朗新監督の下で3バックを試みている日本代表。

日本代表MF井手口陽介が新たな布陣についてチームの状況、そして自らが感じていることを語っている。

日本代表は西野朗新監督の下で3バックを導入。井手口は現状について「まだ、みんな上手いこと表現できていないというか、試行錯誤しながらやっている状況だと思うので、これからどんどん良くなっていくんじゃないかなって思います」と話す。

個人としてはフォーメーション変更によって意識することはないとしつつ、動き方に変化を付けていることを語る。

「出過ぎちゃうと、真ん中が空く印象なので、そこはもし自分が入ったら、行くときと、行かないときのメリハリを付けてやっていければいいなと思います」

西野監督については「ちゃんと見てくれている」と話し、充実の様子で語った井手口。自身のアピールポイントであるボール奪取や対人でのプレーには「求められている部分だし、全力で出していければ」と意気込みを口にした。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
神戸、元日本代表DF伊野波雅彦と契約を満了…昨季はリーグ戦10試合に出場
次の記事:
エジルとの不仲が報じられるも…エメリは自身の哲学を主張「摩擦がチームをより良くする」
次の記事:
チェルシー、イグアインのローン移籍で保有権を持つユーヴェと合意か…45億円の買取OP付き
次の記事:
元Jリーガーのドゥンビアが値千金同点弾…アウェーGでアトレティコを上回り、ジローナが国王杯8強へ
次の記事:
中島翔哉にカタール王者への移籍話が急浮上?「すでにクラブ間合意」とポルトガルで報道
閉じる