乾貴士が「8点」で英『スカイスポーツ』のMOMに…1ゴール1アシストの活躍を高く評価

コメント()
Getty Images
日本代表MFの献身性を英メディアが高く評価した。

2-2で終わったセネガル代表戦で大活躍した日本代表MFの乾貴士がイギリス『スカイスポーツ』の選ぶマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出された。

24日に行われたワールドカップのグループH第2戦で日本代表はセネガル代表と対戦。0-1で迎えた34分に長友佑都からのパスを受けた乾は右脚を振り抜いて、試合を振り出しに戻すゴールを奪う。そして、勝ち越されて迎えた78分には本田圭佑の同点弾をアシストするなど87分に交代するまで精力的なプレーを続け、勝ち点1の獲得に貢献した。

この試合の採点を行った同メディアは、1ゴール、1アシストの乾に対して全体トップとなる『8点』をつけ、この試合のMOMに選出。同選手について「エイバルのウィンガー、イヌイは輝きを放った。惜しくもバーに阻まれ、2ゴール目は奪えなかったものの、1ゴールをマークして2点目をアシストした。献身的なパフォーマンスの良い見返りを手にした」と評価。

さらに「日本のスターターの中で誰よりもボールを失った回数が少なく、パス成功率も82.6%のゲン・ショウジに次ぐ、82.4%を記録した。87分間のプレーで26回しかパスをしなかったものの、それ以上にその献身性はこの結果を得るには不可欠で、ボールを持った時に彼は何かを起こしてくれそうだった」と特に乾の献身性を称えた。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
国王杯準々決勝の組み合わせが決定…5連覇を目指すバルセロナはセビージャと激突
次の記事:
香川真司の去就もついに決定?ドルトムントSD、戦力整理について「話を進めているところ」
次の記事:
日本が参戦するコパ・アメリカのポット分けが発表…組み合わせ抽選会は24日に開催予定
次の記事:
アンデルレヒトがMFジュリを獲得…ライバル出現も森岡亮太は「残留希望」か
次の記事:
3戦を振り返る森保監督「僕が言ったことだけでなく」…メディアにもオープンな姿勢を求める
閉じる