久保、長谷部フル出場の一戦は痛み分け…フランクフルトの連勝は5でストップ/ブンデスリーガ第9節

コメント()
Getty

ブンデスリーガは28日に第9節が行われ、ニュルンベルクとフランクフルトが対戦した。

7節にライプツィヒに0-6と大敗後、続くホッフェンハイム戦でも1-3と敗れ、連敗中のニュルンベルク。14位と低迷する中、ホームに公式戦5連勝中と絶好調のフランクフルトを迎えた。この一戦では、久保裕也と長谷部誠がともに先発している。

ホームのニュルンベルクは、3分に久保がゴール前で相手をひきつけ華麗なターンでいなし、ベーレンスへパス。ミドルシュートは惜しくも枠を外れた。前半は両チームともゴール前に迫るシーンを作る。また、球際での激しい攻防が続き、ファール数も増えていく。

激しい展開となったが、スコアは動かず。前半はスコアレスで折り返す。

後半も、両チーム激しい接触もありながら、ゴール前に迫っていく。しかし、チャンスはあってもなかなかゴールにはつながらない。

しかし78分、ついに試合が動く。ニュルンベルクはCKのこぼれから、久保がエリア右に展開。クロスに最後はズレラクが頭で押し込んだ。勢いの出てきたニュルンベルクは、85分に久保がクロスをダイレクトでシュートするも、ブロックにあって枠を捉えなかった。

試合はこのまま終了かと思われたが、諦めないフランクフルトが後半アディショナルタイムに同点に。途中出場のアレが右サイドのクロスを滑り込んで押し込んでいる。

久保と長谷部がフル出場した一戦は、1-1のドローに終わった。土壇場で追いつかれたニュルンベルクは、勝ち点9。一方公式戦の連勝が5でストップしたフランクフルトは、同14となっている。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる