主将ロリス、W杯決勝でまさかのミスも「大きな問題ではない」…優勝には感傷的

コメント()
getty Images

フランス代表の主将で、GKウーゴ・ロリスは、ワールドカップというタイトルに感情を爆発させている。フランス『TF1』がコメントを伝えた。

フランスは15日、ロシアW杯決勝でクロアチアと対戦。前半に先制すると、後半にも続けてゴールを挙げ、4-2で快勝を収めた。その結果、20年ぶり2度目の優勝を決め、ロリスは素晴らしい大会になったと振り返っている。

「僕はドーピング検査があったので、もう皆は先に始めているだろう。でも僕もすぐに行くよ。明日のパーティーをやるのが待ちきれない。フランスの人々が一つになって、喜び、涙するところが見られるのは美しい。これこそ僕らが見たかったものだし、フットボールが持つパワーだ。僕らは自分たちを誇りに思うよ」

また、後半にはクロアチアFWマリオ・マンジュキッチをかわそうとするも、そのまま相手に引っ掛けて2失点目を喫するまさかのシーンもあった。しかし、ロリスは「重要なのは1-1だった時のセーブだ。4-1だったし、大きな問題にはならない。僕らは今を楽しみたい」と語る。

「トロフィーをキャプテンとして掲げられるのは大きな特権だよ。これを許してくれたチームメイトに感謝したい。家族全員がスタジアムに来ていた。だからこそ、とてもエモーショナルな気分になったよ」

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
前回王者の豪州、ウズベクとのPKに及ぶ死闘を制して8強入り!準々決勝は開催国UAEかキルギスと激突
次の記事:
名審判イルマトフの笛に…判定基準に苦しんだ原口「取りに行けば全部ファウルに…。あの中で賢く守れた」
次の記事:
レアル・マドリー、ポルトの21歳ブラジル代表DFミリトンと個人合意…契約解除金5000万ユーロ支払いへ
次の記事:
成長続ける20歳・冨安健洋、吉田らベテランとの最高の関係「練習中から…」
次の記事:
バルセロナ加入濃厚のボアテング、過去に「バルサよりレアル・マドリーが好き」と発言
閉じる