主審に不満爆発のファルカオ「いつもイングランドに有利な笛を吹いていた」

コメント()
©Getty Images
コロンビア代表のキャプテン、FWラダメル・ファルカオがイングランド戦で笛を吹いたマーク・ガイガー主審を痛烈に批判した。

コロンビア代表FWラダメル・ファルカオが、イングランド戦で笛を吹いたマーク・ガイガー主審を痛烈に批判した。

3日に行われたロシア・ワールドカップ決勝トーナメント1回戦で、コロンビアはイングランドにPK戦の末に敗戦。2大会連続のベスト8入りを逃した。ファルカオは試合後のインタビューで、アメリカ人のガイガー主審がイングランドにバイアスをかけたと批判。コロンビアのファウルが23回に対して、ギャレス・サウスゲート率いるスリーライオンズは10回も少なかったことを指摘した。

「アメリカ人の審判を置くのは特有だと分かった。真実を伝えるためのプロセスに疑問を多く残したままだ」

怒りが収まらないコロンビア主将は、さらに批判を展開。

「彼は英語だけで話していた。いくつかのバイアスがあったことは確実だ」と、偏った判定があったことを主張。「フィフティ・フィフティのプレーで僕たちに対してたくさんの妨げを図っていた。彼はいつもイングランドに有利な笛を吹いていたんだ。この状況は僕たちにとって悪影響を及ぼしていた。両チームとも同じ基準で判定を下さなかった」と批判した。

「疑いの余地があったときは、常にイングランド側に行った。これがワールドカップのラウンド16で起きたことは恥ずべきことだ」

リードされながらも終盤にジェリー・ミナのゴールで同点とし、延長に及ぶ死闘を戦ったコロンビア。「僕たちは120分間戦った。最後の力を振り絞って引き分けたんだ」と、力の限りプレーしたことを強調。

最後に「このチームは非常に強く、選手たちは成長している。これからコロンビアがより強くなるように、僕たちは仕事を続けなければならない」と前を向いた。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
大迫勇也、復帰のタイミングは?ブレーメン監督が本人からの報告を明かす「すべてオーケー」
次の記事:
豪メディアが森保一監督の発言に注目「日本は我々を恐れていない」ラウンド16で戦うF組2位に関心
次の記事:
神戸、元日本代表DF伊野波雅彦と契約を満了…昨季はリーグ戦10試合に出場
次の記事:
エジルとの不仲が報じられるも…エメリは自身の哲学を主張「摩擦がチームをより良くする」
次の記事:
チェルシー、イグアインのローン移籍で保有権を持つユーヴェと合意か…45億円の買取OP付き
閉じる