【動画】丸橋祐介が“CK”弾!セレッソ大阪、鳥栖を下し公式戦3連勝/J1第6節

コメント()
(C) J.LEAGUE
J1リーグ第6節、セレッソ大阪対サガン鳥栖は2-1でC大阪が勝利を収めた。

■J1第6節 C大阪 2-1 鳥栖

C大阪:柿谷(27分)、丸橋(55分)
鳥栖:趙東建(77分)

明治安田生命J1リーグ第6節が7日に行われ、キンチョウスタジアムでセレッソ大阪とサガン鳥栖が対戦した。前節で待望の今季リーグ戦初勝利を挙げて公式戦2連勝中のC大阪と、ここまで2勝2分け1敗の鳥栖。ここから波に乗っていくためにも、しっかり勝ちきっておきたい一戦だ。

C大阪は、古巣対決となるMF水沼宏太が先発し、J1通算200試合出場を達成。鳥栖はFW趙東建がベンチスタートとなっており、FW田川亨介をスタメンに入れた。

ゲームが動いたのは27分。左サイドからC大阪FW高木俊幸が柔らかいクロスを入れるも、DFにカットされる。しかし、トラップが大きくなったところをFW柿谷曜一朗が奪い、GKと1対1に。ゴール右隅へ冷静に流し込み、C大阪が先制した。

後半開始時、マッシモ・フィッカデンティ監督はFWビクトル・イバルボに代えて趙東建を投入。しかし55分、C大阪がCKを獲得する。キッカーのDF丸橋祐介が左足でクロスを供給すると、ボールはゴール前の選手たちの間をすり抜け、直接ゴールへと転がり込んだ。C大阪の2点リードに。

鳥栖の反撃は77分。左サイドでバックパスを受けたMF原川力が低いクロスを入れる。これに趙東建が頭で触ってコースを変え、ゴールネットへ突き刺した。1点差に詰め寄るも、ゲームはそのまま終了し、2-1でC大阪の勝利。公式戦3連勝となった。

C大阪は次節、11日に川崎フロンターレとアウェイで対戦する。鳥栖は同日、柏レイソルとのホームゲームに臨む。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる