中東移籍報道の吉田麻也、やはりサウサンプトン残留か…地元紙報道

コメント
6シーズン在籍するサウサンプトンDFは来季もチームでプレーするようだ。

サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也は、中東への移籍報道が流れていたものの、クラブに残留することが濃厚のようだ。『デイリー・エコー』が伝えた。

先日、サウジアラビアメディアは、同国リーグのアル・ヒラルが吉田と契約すると報じた。しかし、直後に同選手は中東への移籍を否定し、イングランドに残ることを強調した。

今シーズン、サウサンプトンは低迷するも17位でシーズンを終え、辛うじてプレミアリーグ残留を勝ち取る。一時は膝の負傷でメンバーから外れた吉田だが、クラブの残留に貢献するなど今シーズンの全公式戦で28試合に出場し、2ゴールを記録した。

2012年にVVVフェロンから加入してサウサンプトンで6シーズン目を終えた吉田は、これまでに日本人で最多となるプレミアリーグ通算129試合に出場。また、昨夏にクラブとの契約をさらに3年間延長し、2020年夏までサウサンプトンに在籍する契約を結んだ。

今ではベテラン選手の一人としてピッチ内外でチーム大きな影響力をもたらす吉田の来シーズン以降の活躍にも期待できそうだ。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
日本代表初得点を振り返る堂安律「一生思い出に残るゴール」
次の記事:
日本代表の未来を背負う中島翔哉。ブレない信念「サッカーは楽しいもの」
次の記事:
日本の国民性も称賛するウルグアイ指揮官、森保ジャパンに脱帽 「日本の爆発的な攻撃に消耗してしまった」
次の記事:
日本代表初ゴールも先を見据える堂安律「まだまだアピールしないと」
次の記事:
3試合連続、ウルグアイ戦2得点の南野拓実、中島翔哉とは「試合前から話していた」
閉じる