ニュース ライブスコア
UEFAチャンピオンズリーグ

不運を嘆くクロップ、サラーの負傷シーンについて「レスリングのようだった」

15:18 JST 2018/05/27
Sergio Ramos Real Madrid Mohamed Salah Liverpool Champions League 2018
チャンピオンズリーグ決勝でレアル・マドリーに敗れたリヴァプール。ユルゲン・クロップ監督は、不運を嘆いている。

リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、チャンピオンズリーグ(CL)決勝での敗戦を嘆きつつ、FWモハメド・サラーの負傷シーンについて見解を述べた。

26日に、レアル・マドリーとの決勝戦に臨んだリヴァプール。13年ぶりの優勝を目指したレッズ(リヴァプールの愛称)だったが、エースのサラーが31分に負傷交代となると、後半に3失点。2連覇中だった欧州王者を前に涙をのんだ。

この試合では、後半から途中投入されたFWギャレス・ベイルが、バイシクルシュートでの勝ち越し弾を含め2ゴールを奪った。

会見で「レアルとの差は1億ユーロの選手を獲得できるところにあったのか?」と問われたクロップ監督は、以下のように答えている。

「そうではないと言いたいところだが、この返事は事実ではないだろう。あのバイシクルは本当に決定的だった。信じられないようなゴール。彼の能力を表しているね。あとは、多少の運が必要になるということ。決勝戦では特にそうだ。幸運がないだけではなく、不運もあったんだ。だが、人生とはそういうもので、受け入れなければならない」

また、サラーの負傷シーンについてもコメント。セルヒオ・ラモスのチャレンジは「レスリングのようだった」と語っている。

「もちろん重要なポイントだった。敗れた試合で何かを言うと“バッド・ルーザー”と言われてしまうだろうが、厳しいチャレンジだったと思う。ちょっとレスリングのようだったね。サラーが肩から落ちたのは不運だった。もう一つの不運は失点。どの得点も奇妙なものだったが、サッカーとはそういうものだ」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ