上昇気流のFC東京、次なる相手は7連敗中の名古屋【プレビュー:J1第11節】

コメント()
(c)J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第11節が28日に開催される。味の素スタジアムでは2位・FC東京と18位・名古屋グランパスが対戦する。

いよいよゴールデンウィークの連戦に入った明治安田生命J1リーグ。味の素スタジアムでは2位・FC東京が、7連敗で最下位に沈む名古屋グランパスを迎える。

■FC東京、勝って兜の緒を締めよ

会心の勝利だった。FC東京は25日のJ1第10節で9戦無敗の広島を3-1で破り、首位に今季初の黒星をつけた。順位は2位で変わらずとも、広島との勝ち点差を6に縮めている。

今季の広島はFC東京戦を迎えるまでのリーグ戦失点数が2と、驚異的な守備力を誇っており、「守備で耐えて後半一気呵成に攻め落とす」形で、首位を独走してきた。

FC東京はここをどう崩すかが課題だったが、立ち上がりから果敢に攻め立てると、5分にディエゴ・オリヴェイラがPKを奪取。「そこからスイッチが入って、2点目、3点目もいい時間帯に取れた」と長谷川健太監督は振り返った。

ここに来て青赤軍団の攻撃力が破壊力を増している。その原動力がオリヴェイラと永井謙佑の2トップだ。チーム総得点16は第10節終了時点でリーグ最多得点タイ。オリヴェイラが7得点、永井が3得点を挙げている。「どちらかが背後を突いてディフェンスラインを下げようというイメージはたぶん共有できている」と永井。

だが、指揮官は現状を冷静に見ている。「ディエゴと永井のスピードをチーム全体で生かすいいサイクルに入っている」としつつ、「当然相手も対策を取ってくる。その中で次の一手を考えていかないと止まったときに返す手がなくなってしまう」と続けた。

今節の相手は最下位・名古屋。風間監督は「相手に合わせる」サッカーをするタイプではないが、油断は禁物だ。ほぼ固定メンバーで戦ってきていることもあり、疲労の蓄積もある。勝って兜の緒を締めよ。相手がどこであろうと今のサッカーを続けるのみだ。

■泥沼の名古屋、それでもスタイルを貫き通す

名古屋は開幕3戦負けなし(2勝1分)で好スタートを切ったものの、第4節で川崎フロンターレに敗れると、以後7連敗。順位も第9節終了時点で最下位に沈んでしまった。7連敗のうち6試合連続で複数失点を喫しており、失点数は20でリーグワーストだ。

課題が守備にあることは明白。しかし、風間八宏監督はブレることはないだろう。攻撃的なサッカーを続けることで勝ち点をつかむという姿勢を崩さない。

前節・清水戦は1-3の敗戦となったが、相手の倍以上のシュートを放っている。また、負傷離脱していたガブリエル・シャビエルが前々節・神戸戦から戦列に復帰。同じく負傷離脱していたホーシャが清水戦で5試合ぶりに先発出場し、最終ラインに強さが戻ってきた。清水戦で奪った得点はガブリエル・シャビエルのCKにホーシャが頭で合わせたもの。攻守両面でカギを握る二人の復帰は苦しむチームにとって朗報だろう。

「逆に嫌ですね。7連敗していてどういうメンバーでくるかも分からないので」。古巣対戦ともなるFC東京の永井は言う。

名古屋にはジョーというビッグネームも控えている。2連勝中でリーグ得点ランクタイの攻撃力を誇るFC東京を破れば風向きも変わる。まずは目の前の敵を倒し、浮上のきっかけをつかみたい。

■J1第11節 試合日程

4/28(土)
13:00 V・ファーレン長崎 vs サンフレッチェ広島(トラスタ)
14:00 ベガルタ仙台 vs 北海道コンサドーレ札幌(ユアスタ)
14:00 清水エスパルス vs 柏レイソル(アイスタ)
15:00 FC東京 vs 名古屋グランパス(味スタ)
15:00 ジュビロ磐田 vs セレッソ大阪(ヤマハ)
16:00 浦和レッズ vs 湘南ベルマーレ(埼玉)
16:00 ヴィッセル神戸 vs 川崎フロンターレ(ノエスタ)
19:00 横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ(日産ス)

4/29(日)
16:00 ガンバ大阪 vs サガン鳥栖(吹田S)

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる