ヴィツェル、ドルトムントと4年契約で合意!「8万人超の前でピッチに立つことを待ち切れない」

コメント
選手はすでにチームに合流。日本代表MF香川真司の同僚に。

ベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルのボルシア・ドルトムント移籍が最終段階に入った。日本代表MF香川真司が所属するクラブは6日、同選手がスイス滞在中のチームに合流したこと、そして移籍手続きが数日以内に完了することを伝えた。

声明によれば、ヴィツェルが5日に天津権健との契約に盛り込まれていた契約解除条項を行使した一方で、ドルトムントは天津権健に同選手の違約金を支払う意思を伝えたとのこと。またヴィツェルとドルトムントは2022年までの4年契約で合意し、移籍手続きは「数日中にFIFAのトランスファー・マッチング・システム上で正式に完了する見通し」と伝えている。

ヴィツェルはドルトムントの公式ウェブサイトで「ワールドカップ後、中国からヨーロッパに戻ってくることを目指していた」と明かし、さらに「ドルトムントでプレーすることについては、とても幸せで、誇らしく思う。初めてのミーティングで話してから、ためらいはしなかった。僕にとってドルトムントはこの大陸のベストに入るクラブだからね。正直、8万1000人の前でピッチに立つなんて、待ち切れないことだよ」と移籍の喜びを語っている。

またクラブのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)は、「何カ月も前からアクセル・ヴィツェルの獲得に非常に強い関心を抱いていたため、彼がドルトムントを選んでくれて、とても嬉しく思う。アクセルは国際舞台でも豊富な経験を持つ上、ドルトムントのセントラルミッドフィールドを支配するための戦略理解、競り合いの強さ、スピード、創造性、メンタルのすべてを持ち備える」と歓迎した。

なお、ドイツ紙『ビルト』によると、ドルトムントは天津権健に違約金2000万ユーロ(約26億円)を支払うという。また選手とは年俸1000万ユーロ(約13億円)になるようだ。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
「夢が叶ったようだ」監督デビューが決まったアンリ、古巣モナコへの復帰に歓喜
次の記事:
Aリーグ開幕へ!本田圭佑の新たな挑戦は…「リーグ連覇は熾烈な競争に」
次の記事:
「サネは村のどこかでプレーしているよう」元ドイツ代表MFがヤングスターの振る舞いに不満
次の記事:
ハノーファー浅野拓磨が全体練習に復帰…20日のリーグ戦で出場の可能性も
次の記事:
ピルロ氏、ダービーで対決のイカルディとイグアインを比較「2人とも偉大なFWだが…」
閉じる