ローマ指揮官、4ゴールも敗退で後悔も「あと数分あればもう1点奪えていたのに…」

コメント()
Getty Images
リヴァプールの前にあと1点が足りなかった…。

ローマのエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督は、判定に不満が残ることを示唆しつつ、自分たちのパフォーマンスを悔やんだ。

ローマは2日、チャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグでリヴァプールと対戦。初戦を2-5と落としていたため、勝ち抜けには最低でも3点が必要だったが、前半に2点を失い5点が必要となってしまう。それでも、終盤に猛攻を仕掛けて4-2とするも、あと1点が足りず敗退を余儀なくされた。

ディ・フランチェスコはいくつかの微妙な判定について「UEFA(欧州サッカー連盟)に声を上げるつもりはない。クラブのためにもね」と話してこう続ける。

「それよりも選手たちについて話したい。あと数分あれば、もう1点奪えていた。ただ怒ってもいるし、後悔もしている。それができたのに時間を無駄にしてしまったからだ。審判に抗議なんてする必要はない。彼の考えを変えることなどできないからだ。ただ、リヴァプールの手の中で遊ばれてしまった」

「我々にはミスが多すぎたし、その代償を支払われることになった」と最後に言葉を残したディ・フランチェスコ。それでも、ローマは4点を奪い、今大会初めてリヴァプールに土をつけたチームとして胸を張って大会を去る。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
大迫復帰。アタッカー陣はベトナムの5バックを攻略し、攻撃を活性化できるか?/アジア杯プレビュー
次の記事:
長友佑都、ベトナム戦の苦戦を予想「彼らは永遠に走れるんじゃないか…」
次の記事:
激突するミランとナポリ、現地記者が選ぶ両クラブの今季ベストプレイヤーは?
次の記事:
名古屋MF深堀隼平がポルトガル1部のヴィトーリアSCに期限付き移籍が決定「自分の武器にさらに磨きを…」
次の記事:
サッリが“世界最高の1人”アザールを称賛も「チェルシーのリーダーではない」
閉じる