ローマ主将デ・ロッシが違反覚悟で無言の抗議…今季セリエA導入の共通腕章を着用せず

コメント()
Getty Images
今季導入された規定にローマの主将ダニエレ・デ・ロッシは無言の抗議をした。

セリエA開幕戦において、ローマの主将MFダニエレ・デ・ロッシが指定されているキャプテンマークを巻いていなかったとして問題になっている。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が20日、報じている。

デ・ロッシは19日、アウェーで行われたトリノ戦(1-0でローマが勝利)に先発フル出場した。だが35歳MFは、主将として巻くはずのキャプテンマークが規定に違反していたと指摘されている。

セリエAでは、今シーズンからプレミアリーグに倣い、全チームに共通のキャプテンマークを導入することが決定。レーガ・セリエAは、白地に紺色で縁取られ、「カピターノ(キャプテン)」と記された公式の腕章を着用するように規定で義務付けた。昨シーズンまでは、選手が自由に腕章を選び、カスタマイズすることが可能で、試合ごとに変更することもできた。このため決定の発表後には、アタランタの主将パプ・ゴメスことMFアレハンドロ・ゴメスがインスタグラム上で抗議の声を発信。ジェノアのDFドメニコ・クリッシトなど一部の選手の支持を受けた。

デ・ロッシはA・ゴメスのように言葉でメッセージを発信することはなかったが、昨年に使用したローマカラーの赤色のキャプテンマークを左腕に巻いて開幕戦のピッチに登場。90分間プレーし、無言の抗議を行った。翌日に開催されたアタランタ対フロジノーネ戦(4-0)では、A・ゴメスも同様にカスタマイズされた腕章を着用してプレーした。レーガ・セリエAは現在、デ・ロッシらに処分を科すことは検討していないようだが、次節ではローマとアタランタの対戦が予定されており、両主将が規定の腕章を巻くかどうか注目されている。

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
大迫勇也、復帰のタイミングは?ブレーメン監督が本人からの報告を明かす「すべてオーケー」
次の記事:
豪メディアが森保一監督の発言に注目「日本は我々を恐れていない」ラウンド16で戦うF組2位に関心
次の記事:
神戸、元日本代表DF伊野波雅彦と契約を満了…昨季はリーグ戦10試合に出場
次の記事:
エジルとの不仲が報じられるも…エメリは自身の哲学を主張「摩擦がチームをより良くする」
次の記事:
チェルシー、イグアインのローン移籍で保有権を持つユーヴェと合意か…45億円の買取OP付き
閉じる