ロペテギ、ドロー決着のダービーは「満足できない。私たちは勝利に値した」

コメント()
Getty Images

29日のリーガ・エスパニョーラ第7節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのアトレティコ・マドリー戦をスコアレスドローで終えた。ジュレン・ロペテギ監督は試合後、自チームが勝利に値したとの見解を述べている。

レアル・マドリー指揮官は、試合後会見で次のようにコメントした。

「結果については満足していない。私たちは勝利を望んでいたし、それに値した。チームは右肩上がりで、明確な決定機をいくつも手にするなど優位に立っていた。しかしフットボールはゴール次第であり、勝利に値するかどうかではないということだ」

「確かに、チームには浮き沈みがあった。彼らの2回の決定機は私たちのミスであり、彼らが生み出したわけではない。悲しむべきは、私たちがゴールを決め切れなかったことだ」

ハーフタイムにMFガレス・ベイルをピッチから下げた理由は、やはり負傷にあったようだ。

「用心のために休みを与えることにした。彼は内転筋に違和感を覚え、だから後半は出場しなかった」

ベイルの代わりに出場し、活躍を見せたMFダニ・セバジョスについては、次のように述べている。

「彼の出場は試合が求めていたことだった。相手陣地でボールをコントロールする必要があったんだ。後半は彼もチームも素晴らしかった。チームは優位に立っていたし、ダニは意志の強さでもって、そのフィジカルとテクニックを存分に披露した」

ロペテギ監督はこの試合の終了間際に、FWヴィニシウスを公式戦デビューさせている。

「彼は欧州のフットボールに順応し始めている。私たちは多くの負傷者を抱えていたし、試合の終盤にはスピードが求められた。ヴィニにはスピードがあり、だからこそ起用することにした」

「観客はマリアーノの起用を求めていた? スタジアムが言うことに耳を傾けてはいない。選手交代は試合とチームが求めることに応じて決定するものだ。試合はスピードを求めていたし、だからヴィニシウスをピッチに立たせた」

またアトレティコについての見解も述べている。

「このリーガが2チームのものだとは、一度も思ったことがない。アトレティコが上位のチームであることに疑いなどないよ。彼らは信じられないような補強をして、スペクタクルな陣容を揃えたエリートのチームだ。だからこそ、私は満足感を得ている。彼らのような偉大なチームを上回ったことにね」

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
ミラン、43億円で“レヴァ2世”獲得決定か…イグアインのチェルシー移籍も間近に
次の記事:
アジア杯準々決勝進出国が決定!優勝候補の日本、イラン、韓国、豪州が揃って8強へ
次の記事:
“ダークホース”カタールが豪快FKでイラクを下す!4試合クリーンシートで韓国との決戦へ
次の記事:
韓国が苦しみながらも準々決勝進出…バーレーンを圧倒も90分で決着つかず、延長に勝ち越し
次の記事:
ナポリ戦までに“レヴァ2世”獲得を急ぐミラン、移籍金44億円とJ・マウリを提示か
閉じる