ニュース ライブスコア
ブンデスリーガ

ロシアW杯で株上昇のクロアチア代表FW「移籍は考えなかった。まだ時間がある」

19:10 JST 2018/10/02
2018-10-02-rebic
『Goal』だけに語ってくれたレビッチ。

フランクフルトに所属するクロアチア代表FWアンテ・レビッチが、『Goal』の取材に応じて自身の状態について語ってくれた。

レビッチは6日に行われたブンデスリーガ第6節のハノーファー戦で今季初先発。1ゴール1アシストと、大車輪の活躍を見せて4-1の勝利に貢献した。今季の状況について語りつつ、まだ万全ではないことも明かしている。

「最も重要なことはピッチに戻り、通常の練習をこなせていることだ。監督も僕が2試合ベンチスタートで、次から先発することに同意していた」

「今は恥骨炎があり、痛みも少しある。ハノーファー戦で途中交代したのは監督に自分から伝えたからだ」

また、今夏には恩師ニコ・コバチ監督を追ってバイエルン・ミュンヘンへ移籍する可能性も伝えられたレビッチ。しかし、本人は現監督のアディ・ヒュッターと問題がないとし、コバチ監督のバイエルンでの成功を祈った。

「僕はどこにも行きたくなかったよ。フランクフルトに満足しているし、プレーもできている。夏には多くのオファーがあったが、フランクフルトはどれだけ僕に感謝しているかを示し、新契約を提示してくれた。だからサインしたんだ。まだステップアップするまでに時間はあるからね」

ロシア・ワールドカップでのクロアチアの躍進に大きく貢献したレビッチは、9月に25歳となったばかり。ビッグクラブへの移籍は来夏以降となりそうだ。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ