ロシア現地記者が語るクロアチアとの“決定的な差”「我々にはモドリッチがいない」

コメント()
©Getty Images
弱小と揶揄された開催国ロシアの躍進はベスト8で幕を閉じた。現地記者はクロアチアとの激闘をどう見たのだろうか。

ロシア代表は7日に行われたロシア・ワールドカップ準々決勝でクロアチア代表と対戦し、PK戦の末に敗れた。出場32カ国でFIFAランク最下位であり、弱小と揶揄された開催国の躍進は、ベスト8で幕を閉じた。現地記者はクロアチアとの激闘をどう見たのだろうか。

ロシアは前半にデニス・チェリシェフの今大会4ゴール目で先制に成功したものの、直後に失点。後半はスコアが動かず勝負の行方は延長戦へ持ち越された。延長前半にクロアチアに逆転ゴールを許し、劣勢に立たされるも、延長後半にマリオ・フェルナンデスのヘッドで同点に。120分でも決着がつかず、PK戦へ。

PKではフョードル・スモロフとM・フェルナンデスが外してしまい、3-4で敗戦。激闘を演じながらも8強で姿を消すこととなった。

『Goal』ロシア編集部のアレクサンドル・マリシェフ記者は、クロアチア戦について「(スタニスラフ)チェルチェソフ(監督)は交代で間違いを犯した。スモロフと(ユーリ)ガジンスキーは非常に弱々しく見えた」と振り返り、チェリシェフと攻撃の要であったアルテム・ジュバを下げてスモロフとガジンスキーを投入したチェルチェソフ監督の交代策に厳しい意見を投じた。

そのうえで「クロアチアが強かった。そして彼らは勝利を収めた。ロシアには(ルカ)モドリッチ、(マリオ)マンジュキッチ、(デヤン)ロヴレンといったプレーヤーはいない」とタレント不足を指摘している。

しかしながら、下馬評を覆す大躍進で決勝トーナメントに進出し、ラウンド16では2010年の南アフリカW杯王者のスペインをPK戦の末に退ける大金星も挙げた。

これについてマリシェフ記者は「ロシアのファンは、そもそも準々決勝に進むことを期待していなかった。だから、皆は成功を収めたこのチームにありがとうと思っているはずだ」と労いの言葉で締めくくった。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
「優勝候補だが期待以下」韓国紙が森保ジャパンを酷評…サウジとは「大きな差はない」
次の記事:
日本代表、アップセット狙うサウジと負けられない戦いへ。スペイン紙が選んだキープレイヤーは…
次の記事:
“難敵”サウジを警戒するも…原口元気は大一番に向けて自信「いつも通り一番良い準備ができた」
次の記事:
「チャンスをしっかりと得点に…」予選で個人的な不満を募らせる南野拓実がサウジ戦へ意気込み
次の記事:
注意すべきは序盤の失点。サウジのスピードを封じ、原口、南野らアタッカー陣はサイドと裏を突けるか
閉じる