ロシア戦でポグバやデンベレが人種差別の標的に…FIFAが調査開始を発表

コメント()
Getty
ロシアで横行する人種差別的なチャントに国際機関が調査を始めたようだ。

国際サッカー連盟(FIFA)は、ロシアサポーターによるフランス代表選手への人種差別について調査を開始すると発表した。

27日にサンクトペテルブルクで行われたロシア対フランスの一戦で、ポール・ポグバやウスマン・デンベレらに対する人種差別的なチャントが確認されていた。選手やチーム、フランスサッカー連盟は人種差別の被害についてのコメントを控えているが、FIFAはすでにこの件に関する調査に乗り出しているようだ。

FIFAは声明の中で、すでに人種差別があったことについてのエビデンスを回収しており、集められる限りの証拠を得た段階で今後の行動について言及すると発表した。

フランスのローラ・フレセルスポーツ相も自身のツイッターで、フランス代表イレブンの写真とともに「フットボールのピッチに人種差別はいらない。国際的なレベルで不当な行為を終わらせるために協力するべきだ」と人種差別根絶に向け国際的な協力を呼び掛けている。

先日には、同地で行われたヨーロッパリーグのゼニト対RBライプツィヒの一戦でもサポーターからの人種差別的な言動が確認されており、欧州サッカー連盟(UEFA)が調査を開始していた。

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる