レヴァンドフスキが移籍を希望した理由はバイエルンの姿勢?クラブに示したかったこととは…

コメント()
Getty Images
今夏に移籍を希望したレヴァンドフスキ。結局は残留したが、その胸中は…。

バイエルン・ミュンヘンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、今夏の移籍騒動について真相を明かしている。ポーランド『Sportowe Fakty』で語った。

レヴァンドフスキは今夏、移籍を希望していると報道されながら、結局は残留に至った。最終的にはニコ・コバチ監督が説得し、納得したと伝えられている。一方で、移籍を希望していたことを認めており、クラブの姿勢に疑問を抱いていたことを挙げている。

「バイエルンで満足できないことがあり、それについて話したかった。オファーも多くのクラブから来ていたね。それがわかったとき、メディアには奇妙な雰囲気があり、クラブの間ともそうだった。だから(移籍を希望していることを)話すことに決めたんだ。“僕に満足していない人がいるなら、出ていくこともあり得る”と示したかったんだ」

「ただ、バイエルンの答えがどんな場合も『ノー』であることはわかっていた。どんなオファーであるかにかかわらずね」

一方で、移籍が成立しなかったことに不満も残していない。「僕は世界最高のクラブの一つにいるんだ」と話している。

「失望しているなんて言えないよ。確かにバイエルンは世界の他のトップクラブと比べると、人気は低いかもしれない。でもここで幸せでなければ、問題だよ。また大きな目標のために戦うつもりだ。シーズンは長いし、最高のレベルで戦うことができる。今は多くのことで改善が必要だけどね」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
モラタ、アトレティコ入りに同意…移籍実現へ残る障壁は?
次の記事:
“不協和音”響くアーセナルが宿敵チェルシーとの大一番へ…注目のエジル起用はあるのか?
次の記事:
モウリーニョの片腕ルイ・ファリアが中東レフウィヤSCで再出発…中島翔哉に関心との報道も
次の記事:
「トップ4のために負けられない」ダービーを前に、エメリが勝ち点3奪取を誓う
次の記事:
グアルディオラがマンチェスター・Cの補強方針について言及「中盤の選手3、4人を調査中」
閉じる