「レアル退団は最大の後悔」パヌッチ氏が同じくセリエA移籍を選んだロナウドに忠告

コメント()
Getty
元イタリア代表DFはロナウドの活躍を期待するも、追々後悔するかもしれないと考えているようだ。

元レアル・マドリーのクリスティアン・パヌッチ氏は、ユヴェントスに加入したクリスティアーノ・ロナウドが古巣から離れたことを後悔する時が来るかもしれないと話した。

現役時代にローマやイタリア代表で活躍したパヌッチ氏は、1996年から3シーズンわたりレアル・マドリーに所属し、リーガ・エスパニョーラ優勝やチャンピオンズリーグ制覇などタイトルを獲得。そして、1999年にサンティアゴ・ベルナベウを離れ、インテルへと渡った。

しかし、新天地でパヌッチ氏は困難に直面。そして、この移籍について同氏は「マドリーから離れた時、私は確信していた。マドリーから離れたかったが、これはキャリアの中で最大の愚行だったし、今でも後悔している」と約20年経っても悔やむ決断だったとスペイン『El Partidazo de COPE』で明かした。

今夏、パヌッチ氏と同様にレアル・マドリーを離れ、セリエA王者のユヴェントスに加入したロナウドについて「クリスティアーノは世界一の選手だから、ユヴェントスでも活躍するはずだ。彼には勝者の血が流れている。それに、彼の後を追って他の良い選手たちもイタリアへやって来るだろう」と同選手のみならず、イタリアフットボール界にも良い影響を与えると話した。

さらに、パヌッチ氏はジネディーヌ・ジダン監督も退任した古巣のレアル・マドリーは新シーズンに大きな困難に直面するとも語った。

「マドリーにとって難しいシーズンになる可能性がある。ジダンとクリスティアーノが去った。彼らの代わりは簡単には見つからないし、チャンピオンズリーグ3連覇の後ならなおさらだ」

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

閉じる