レアル・マドリー戦に挑むイグアイン、敵として初めて古巣のピッチへ

コメント()
Getty
ユヴェントスのゴンサロ・イグアインは、11日に初めてサンティアゴ・ベルナベウで古巣に挑む。

ユヴェントスに所属するアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが11日、敵として初めてサンティアゴ・ベルナベウのピッチを踏むことになる。

ユヴェントスは11日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でレアル・マドリーとの第2戦に挑む。イタリア王者はホームでの第1戦を0-3で落としており、準決勝進出は非常に厳しい状況となっている。

なお、イグアインにとってこの試合は特別なものとなるようだ。

イグアインは2007年から2013年までレアル・マドリーに所属。当時の指揮官ファビオ・カペッロの要望により、リーベル・プレートから加入した。ナポリに移籍するまで6シーズン半にわたり、スペインで活躍。絶対的なレギュラーではなかったが、通算264試合に出場、122ゴールをマークし、リーガ・エスパニョーラを3回、コパ・デル・レイを2回、スペイン・スーパーカップを1度制覇している。

今回、アルゼンチン代表FWは5年ぶりにサンティアゴ・ベルナベウのピッチを踏むことになり、敵として初めて迎える古巣本拠地での戦いになる。トッテナムとの決勝トーナメント1回戦では、2試合合計3ゴール1アシストをマークし、勝利に貢献したイグアインだが、古巣ホームでの刺激を武器に活躍を見せてくれるのか注目されるところだ。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる