レアル・マドリーが「ゴール忘れる」…2試合連続無得点はモウリーニョ政権の2011−12シーズン以来

コメント()
Getty Images

レアル・マドリーが得点力不足に喘いでいる。スペイン『マルカ』が『マドリーがゴールを忘れる』のタイトルで報じた。

29日のリーガ・エスパニョーラ第7節アトレティコ・マドリーとのダービーをスコアレスドローで終えたマドリー。前節セビージャ戦(0-3)も無得点で終えていた同チームだが、リーガで2試合連続でゴールを決められなかったのは、ジョゼ・モウリーニョ現マンチェスター・ユナイテッド監督が率いた2011-12シーズン以来のこととなる。

ジュレン・ロペテギ監督はFWクリスティアーノ・ロナウドの穴を各選手の得点力アップで補うことを志し、第3節までには10得点を記録するなど実際に可能であるように思えた。だが、最近は低調だ。第4節アスレティック・ビルバオ戦(1-1)、第5節エスパニョール戦(1-0)、そして無得点に終わったここ2試合と、直近4試合で2得点しか決めていない。

レアル・マドリーはここから得点力を上げ、C・ロナウドの存在を忘れることができるのだろうか。

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
堂安律はアヤックスにとって最適の補強?フローニンゲン指揮官と元アヤックスFWが絶賛
次の記事:
明暗分けた指揮官の采配――大胆不敵なエメリと“消去法”のサッリ…CL権争いは大混戦に
次の記事:
アンデルレヒト新監督が途中出場の森岡亮太へ厳しい評価「明らかにチームのクオリティが下がった」
次の記事:
マンチェスター・Uで苦悩の続くダルミアンが母国帰還か…ローンでユヴェントスに加入へ
次の記事:
3月まで離脱のケインに続きデレ・アリも負傷…ポチェッティーノが重傷を否定せず
閉じる