ユーヴェ退団マルキージオに日本含め世界各国が熱視線「心配はチームの選択だけ」と伊紙

コメント()
(C)Getty Images
ユヴェントスと契約を解除し、フリーとなっているクラウディオ・マルキージオの去就が世界中で注目されている。

今夏、ユヴェントスを退団したMFクラウディオ・マルキージオの獲得に世界各国のクラブが関心を示している。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が20日、伝えている。

イタリアの移籍市場が閉幕した17日、ユヴェントスに25年間在籍したマルキージオの退団が発表された。1993年にユーヴェの下部組織に加入して以降、2007-08シーズンのエンポリへのレンタル移籍を除き、クラブに忠誠を尽くしてきた32歳のMFだが、2016年春に左ひざに重傷を負ってからは以前のような輝きを取り戻せず、マッシミリアーノ・アッレグリ率いるチームにおいて構想外となっていた。マルキージオは「このユニフォームを愛しているからこそ、チームの利益が先に優先されるべきだと確信している。常に」と述べ、ユーヴェとの契約解除に合意した。

■親日家マルキージオに日本も含め各国が関心

そして今、フリーの身となった“プリンチピーノ(王子様)”には、世界各国のクラブから熱視線が注がれている。「MLSやJリーグでの冒険からモナコやスペインからのオファーまで、元ユヴェントスMFの心配は選択することだけだ」と報じられている。中でも、故郷トリノから車で3時間ほどの距離にあるモナコが現段階において有力候補とされている。またMLSでは、ボローニャのオーナーでもあるイタリア系カナダ人実業家ジョーイ・サプート氏が所有するモントリオール・インパクトが挙げられている。過去には、現ペルージャ指揮官のアレッサンドロ・ネスタがプレーしたことでも知られる。

また『ムンド・デポルティーボ』によれば、ベティスやセビージャ、スポルティング・リスボンが関心を示しているほか、アトレティコ・マドリーも問い合わせを行ったとの情報もある。さらに『プレミアム・スポーツ』は、元ユーヴェの同僚で友人のFWセバスティアン・ジョヴィンコの所属するトロントや、今夏、プロモーションツアーを行った中国への移籍の可能性もあると伝えている。マルキージオの去就から今後も目が離せない。

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
シント=トロイデンがFW木下康介の獲得を発表!クラブも期待「強靭さと速さを持つ」
次の記事:
長友佑都が想起する“2011年の姿”「みんなで優勝を狙える。相手チームも怖いはず」
次の記事:
メッシ&デンベレ躍動!4連覇中王者バルサが3発圧勝、逆転でベスト8進出/国王杯
次の記事:
首位通過に導くスーパーゴール!塩谷司「全部勝ったチームが強い。目指すだけじゃないですか」
次の記事:
アジアカップ決勝T進出16カ国が出揃う!日本は中東のサウジと激突…前回対決は0-1で敗戦
閉じる