ユヴェントスがPK戦の末にベンフィカを撃破…クレメンツァが豪快弾で1-1PK戦に持ち込む/ICC

コメント()
Getty Images
ICCのベンフィカvsユヴェントスはベンフィカが後半途中に先制。追うユヴェントスがクレメンツァのゴールで1-1に持ち込み、PK戦の末にユヴェントスが勝利している。

現地時間28日、アメリカでインターナショナル・チャンピオンズカップのベンフィカvsユヴェントスが行われた。90分を終え1-1で勝負はPK戦に突入し、ユヴェントスが勝利を収めている。

この試合では両チームともに主軸と若手を交えたテスト的な布陣で臨んだものの、互いに1点が遠い展開に。

開始9分にはクラウディオ・マルキジオが決定的な場面を迎えるが、右からのクロスをふかしてしまい、先制はならず。互いにネットを揺らすことができずに前半はスコアレスで終了。

ようやくゴールが決まったのは65分だった。ベンフィカはゴール前25メートル付近でFKのチャンスを得ると、スペイン人左サイドバックのアレハンドロ・グリマルドが縦回転をかけた落ちるFKを披露。GKマッティア・ペリンは一歩も動けず、ボールはゴール右隅へと吸い込まれた。

1点を追う展開になったユヴェントスは76分にセットプレーからメディ・ベナティアが頭で合わせるも、バーに嫌われてゴールならず。

84分、ユヴェントスは右サイドからルカ・クレメンツァが個人技で突破を仕掛け、カットインしながら左足でファーサイドを狙い、バーに当たってからシュートはゴールに吸い込まれた。これで1-1となり、試合は90分終了。勝負はPK戦へと突入した。

PK戦ではGKペリンのセーブなどもありベンフィカは2本のPKを決めることができず。一方のユヴェントスは4人全員決め、PK戦4-2でユヴェントスが勝利している。

■インターナショナル・チャンピオンズカップ
ベンフィカ 1-1(PK2-4) ユヴェントス

得点者
ベンフィカ:グリマルド(65分)
ユヴェントス:クレメンツァ(84分)

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

閉じる