ユナイテッドDFロホが明かすサンチェスへの複雑な心情「最初は来て欲しくないと思った」

コメント()
Getty
マンチェスター・ユナイテッドDFのマルコス・ロホは、アレクシス・サンチェスの加入に不安を感じていたようだ。

マンチェスター・ユナイテッドDFのマルコス・ロホが、冬の移籍市場でアーセナルからアレクシス・サンチェスが加入したときの複雑な心情を『TyCスポーツ』に語っている。

アルゼンチン代表のロホとチリ代表のサンチェスは代表戦やプレミアリーグの試合で対戦することが多く、ロホのチャージにサンチェスも応酬するなど、両者は顔を合わせるたびに激しいぶつかり合いを演じていた。

そんなサンチェスとのマッチアップを「最後はいつも蹴り合いになる」と語っていたロホだが、チリ代表FWのユナイテッド加入が決まった瞬間は不安を感じていたようだ。

「マッチアップするたびに僕はサンチェスにキックを食らわせて、彼も同じように僕を蹴り返してきた。だから彼がユナイテッドに加入することを知った瞬間、思わず『やめてくれ!』って叫んだよ。彼は素晴らしい選手だけど、どんな顔をして彼に会えばいいか、分からなかったんだ」

続いてロホは、二人の関係を気にしたジョゼ・モウリーニョ監督がサンチェスが加入する前日にとった行動を明かし、ポルトガル人指揮官のユニークな配慮に感謝を示した。

「僕が映画を見ていると、突然モウリーニョがやってきて僕の肩を叩いて冗談ぽくこう言ったんだ。『我々はサンチェスとサインをする。明日彼がトレーニングに参加しても、いきなり蹴り飛ばしたりはするなよ』ってね。言った後に彼は大笑いしていたよ」

最終的にロホの杞憂は取り越し苦労に終わり、両者は良好な関係を続けている。ユナイテッドとの契約を2021年まで延長したアルゼンチン代表は、ライバルのサンチェスとともにタイトルを獲得することはできるのだろうか。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる