“ミラクルレスター”の立役者、34歳フートが現役引退を公表…昨季限りでフリーに

コメント()
Getty Images
レスターを退団し、半年近くフリーとなっていたフート。2部ダービー加入のうわさも浮上していたが、本人がSNSですでに引退したことを公表している。

昨シーズン限りでレスターを退団したDFロベルト・フートは、フリーの状態が続いていた。だが、現地時間11日、本人がすでに引退したことを公言している。

先日、フートにはイングランド2部ダービーへ加入するのではないかとのうわさが浮上。ダービーはチェルシー時代の同僚フランク・ランパードが率いていることもあり、フートが2部で再スタートを切るのではないかと、まことしやかに囁かれていた。

元代理人であるジョン・ハリオット氏のツイートにリプライする形で、フートは「いや、そのような話(ダービーと契約のうわさ)は真実ではない。私はもう現役を引退した人間だ」とツイート。フリーの状態が続いていたが、現役続行の意思がないことを明らかにしている。

この発言を受けて加入のうわさがあったダービーもフートの写真を添付して「一つの終わりが明らかになった」と公式メディアを通し、同選手の引退を嘆いている。

1984年、東ドイツ(当時)で生まれたフートはウニオン・ベルリンの下部組織からチェルシーユースへ移籍し、クラウディオ・ラニエリが率いるチェルシーでトップデビュー。その後ミドルスブラ、ストークなどを渡り歩き、14-15シーズンの冬の移籍市場でレスターへ加わった。

レスターでは加入直後から最終ラインの要として活躍し、15-16シーズンに成し遂げた“奇跡の優勝”の立役者に。17-18シーズン限りでレスターを退団し、その後は半年ほどフリーの状態が続いていた。だが、34歳となった本人に現役続行の意思はなく、SNSを通して引退を公表する運びとなった。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
吉田麻也「プレーをやりきることが重要」準々決勝からVAR導入、ベトナムに警戒心
次の記事:
日本代表、3月にコロンビア&ボリビアと親善試合で対戦
次の記事:
広島と鹿島が出場するACLプレーオフのキックオフ時間が決定
次の記事:
大迫復帰。アタッカー陣はベトナムの5バックを攻略し、攻撃を活性化できるか?/アジア杯プレビュー
次の記事:
長友佑都、ベトナム戦の苦戦を予想「彼らは永遠に走れるんじゃないか…」
閉じる