マンチェスター・U、ユヴェントス、PSG…ジダンの次なる新天地は?

コメント()
前レアル・マドリー監督、ジダンは監督業をまもなく再開することを公にした。そして、次の行き先として濃厚なのがオールド・トラッフォードだ。

現役時代は、口よりもプレーで魅せる選手だった。だが引退してから12年が経って、ジネディーヌ・ジダンの“口”から放たれたことはフットボール界を沸き立てた。

「まもなく、監督としてまたフィールドに立つ。これが私のしたいことであり、これまでにしてきたことだ」

Cristiano Ronaldo Zinedine Zidane Real Madrid 26052018

レアル・マドリーで成し遂げた、フットボール近代史に残る欧州CL3連覇―それから3か月が経ったが、その間で次の挑戦に向かうには十分な休養を得ることができたようだ。

ただ、次の行き先はまだ分かってはいない。元チームメイトで現在はベルギーのオイペンを率いるクロード・マケレレが言うには、「ジダンは選手としても監督としても偉大な成功を収めた。そんな彼には引く手数多だろう、望む場所に行ける」と。

たしかに多くのクラブが欲しがるはずだ。だが、1998年W杯優勝の立役者がビッグクラブ以外を率いるとは想像しがたい。それに反して、広くうわさされてるのが代表監督になることだ。ただ、フランス代表を史上2度目のW杯優勝に導いた、ディディエ・デジャン監督が今後も“レ・ブルー”を率いることは決定済み。ジダンがフランス代表監督になるには、少なくともユーロ2020以降だろう。

イタリア国内では、マッシミリアーノ・アッレグリの後任としてユヴェントスを率いるとも言われている。かつてトリノの地で名を馳せたことは、元稀代のプレイメーカーを惹きつける要素になるだろう。しかし、新たにユヴェントスの攻撃陣の核となったクリティア―ノ・ロナウドと旧知の仲だ、というのは理由になりえないだろう。

パリ・サンジェルマンもジダンの新天地として見られていたが、それは難しい取引になるだろう。マルセイユにルーツを持つジダンを考えると、湾岸都市の市民と中央都市の市民の冷え切った関係性が阻害要因になりうるからだ。

2018_9_15_mourinho

恐らく、可能性として一番高いのはマンチェスター・ユナイテッドである。“3年目のジンクス”で有名なジョゼ・モウリーニョは今その真っ只中にいる。プレミアリーグ開幕から5試合で3勝2敗。ポルトガル人指揮官の傲慢で一貫性がない態度もあり、解任レースで一番人気になっている。

そして、ジダンの発言はエド・ウッドゲートCEOの興味を引いただろう。獲得を希望した選手を次々と逃したうえ、最上位項目だったDF陣の強化も何一つされなかったことにより、ポルトガル人指揮官との関係性は冷え切っている。ユナイテッドのクラブとしての伝統と歴史はジダンにとって魅力的だろう。それに、もし彼の言う通り“まもなく”監督業を再開するのであれば、オールド・トラッフォードは理想的な場所になるはずだ。

ジダンは、ピッチ上では一見カッとなりがちな選手だったが、魔法のようなプレーを次々に生み出していた。さて、これからも彼が監督としても“魔法”を見せるのか、しかと見てみようではないか。

文=ロビン・ベアナー/Robin Bairner

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
C・ロナウドが語るスター選手としての自負「自分が模範であることはわかっている」
次の記事:
エジル、プレミアのドイツ人選手歴代最多得点記録更新!通算30ゴールに到達
次の記事:
アーセナルが止まらない!主将エジルの“魔法”でレスター下し、公式戦10連勝達成/プレミアリーグ第9節
次の記事:
バルセロナの哲学を壊しているのはGM?スカウティングの条件に“高身長”が含まれている模様
次の記事:
U-19日本代表タイを下し2連勝!U-20W杯出場を懸けた準々決勝へ進出
閉じる