マルディーニ氏、イブラヒモヴィッチのミラン復帰に前向き?「潜在能力を引き出せる選手」

Zlatan Ibrahimovic 2018
Getty Images
パオロ・マルディーニ氏は、ズラタン・イブラヒモヴィッチのミラン復帰案に前向きだ。

ミランでスポーツ部門の戦略開発ディレクターを務めるパオロ・マルディーニ氏が、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じ、獲得の可能性が報じられた元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチについて言及している。

今シーズンからLAギャラクシーでプレーするイブラヒモヴィッチは、同リーグで25試合に出場して21得点を記録するなど、10月3日に37歳となったが衰え知らずのパフォーマンスを披露している。そんな中、スウェーデン代表FWの古巣であるミランが、来年1月の移籍市場での獲得を狙っているとの報道がなされた。テクニカルスポーツ部門ゼネラルディレクターであるレオナルド氏は、夏の移籍市場での獲得を検討していたことを明かした一方、冬の獲得は否定しているが、マルディーニ氏はイブラヒモヴィッチの加入に前向きな姿勢を示している。

「イブラヒモヴィッチはロッカールームで厄介になる? 個人的に厄介な選手は信じていない。いずれにせよ我々のような強いクラブであれば管理していける。彼は夏の移籍市場のアイディアだった。だが当然、チームにカンピオーネがいることは喜ばしいことだと思う。ズラタンにはパーソナリティがあるし、カンピオーネだ」

「一般的に言って、上位を目指すチームには、パーソナリティのある選手が必要になる。我々の選手たちも満たしているが、(ゴンサロ)イグアインやイブラヒモヴィッチのような選手は、他の選手たちの潜在能力をさらに引き出してくれる」

なおイブラヒモヴィッチは現在、LAギャラクシーと2020年までの契約を結んでいる。年俸は400万ユーロ(約5.2億円)とされており、ミランの財政的にも実現可能な取引であると分析されている。ただ選手の代理人を務めるミーノ・ライオラ氏は『oracolorn.it』に対し、「イブラのミラン移籍について、1秒たりとも交渉の席についたことはない。複数のクラブと連絡を取り合っているが、ミランとは全くない」と断言。今後の動向は注目されるところだ。

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる