ニュース ライブスコア
FIFA ワールドカップ

マラドーナ氏がFIFAを口撃?イングランド戦の主審に「とんでもない窃盗だ」…コロンビアには同情も

6:58 JST 2018/07/05
Maradona France Argentina World Cup
元アルゼンチン代表選手はイングランドが先制したPKの場面が明らかな誤審だと強調した。

アルゼンチンのレジェンド、ディエゴ・マラドーナ氏は、コロンビア代表がレフェリーによって“勝利を盗まれた”と南米の同胞に同情した。

3日に行われたワールドカップの決勝トーナメント1回戦で、コロンビア代表はイングランド代表と対戦。0-1で迎えた後半アディショナルタイムにジェリー・ミナが劇的なヘディング弾をたたき込み、コロンビア代表は同点に追いついた。しかし、PK戦の末に敗れ、2大会連続のベスト8には手が届かなかった。

これを受け、マラドーナ氏は『teleSUR』で「今日、私はピッチ上でとんでもない窃盗が起きたのを目撃した。コロンビアの全国民に申し訳なく思う」とコロンビア代表対イングランド代表の一戦を裁いたアメリカ人主審のマーク・ガイガー氏を批判した。

さらに、国際サッカー連盟(FIFA)審判長のピエルルイジ・コリーナ氏を暗に指して「ここにはただグーグルで検索してレフェリーを選ぶジェントルマンがいる」と苦言。続けて「彼(ガイガー氏)はこのような大きな試合を裁けない」と言及した。

中でもマラドーナ氏が気になったシーンはイングランド代表が先制点に成功したPKを獲得した場面。カルロス・サンチェスがハリー・ケインを後ろから抱えて倒したこの場面についても主審の判定とは異なる考えを持っているようだ。

「あのペナルティはペナルティではない。あれはケインのミスだ。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)を使えるのに、彼はなぜそれを求めなかった?非難されるべき場面だった」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ