マインツ武藤嘉紀が振り返った今シーズン「納得はいっていないけど…」

コメント()
(C)Getty Images

マインツのFW武藤嘉紀が最終節を終えて今シーズンを振り返った。ブンデスリーガ日本語版公式サイトが伝えている。

マインツは12日、ブンデスリーガ最終節でブレーメンと対戦。武藤は先発フル出場したものの、1-2で逆転負けを喫している。武藤も「(残留が決まった)前節で終わってしまったというか…」とチーム全体のモチベーションが低かったことを認めた。

武藤は今シーズン、8ゴールでチーム最多スコアラーに。それでも「苦しかった」と話して今季を振り返っている。

「チームが残留争いをする中で、雰囲気も悪くて戦術も最後まで定まらなかった。自分自身も代表を外れて、その期間にケガをして......。思っている通りにはいかなかったです。最終的に納得はいっていないけど、得点は取れていたので、欲を言うならば、ケガをなくして、2桁得点したかった。PKもしっかり、最初から自分が蹴るというのを見せつけておけば良かったのかなと思いました」

また、今夏には「夢」と公言するプレミアリーグ移籍もうわさされる武藤。ドイツでの3年間についてこのように語った。

「まさか1シーズン目、2シーズン目に続けてケガをするとは思わなかった。それが不運だったかなと。気持ち的にもきつかったです。異国の地で、最初は言葉も分からなかったですし。厳しかったけど、そこから立ち直って、今シーズンは大きなケガはなかった。少し長引いてしまったのは残念でしたけど、3年間、しっかり戦えたのは自分の財産になりますし、これからの指標にもなると思います」

▶ブンデスリーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる