ポーランド指揮官、W杯GL最下位で退任決定「失望をさせてしまった責任がある」

コメント()
ポーランド代表のアダム・ナバウカ監督が契約満了に伴い、退任することを発表した。

ポーランド代表のアダム・ナバウカ監督が契約満了に伴い、退任することを発表した。イギリス『BBC』など複数メディアが伝えている。

3大会ぶりにワールドカップ出場を果たしたポーランドは、エースのロベルト・レヴァンドフスキ擁してFIFAランク8位と近年最強の布陣でロシア大会に臨んだ。しかし、初戦でセネガルに1-2で敗れると、続くコロンビア戦では0-3と完敗。1試合を残してグループリーグ敗退が決定した。

日本との最終戦は勝利したものの、ヨーロッパから出場したチームで敗退第一号という不名誉な記録も残すなど、全体的に失意だけが残る大会となってしまった。

ポーランドサッカー協会のズビグニェフ・ボニエク氏は「我々は、新しい形で代表チームを作るだろう」とコメント。2013年から代表を率いたナバウカ体制にピリオドが打たれることとなった。

ナバウカ監督は退任にあたり、W杯での失敗の「責任は私にある」とし、「我々は期待を満たしていない。計画、野心、ファンの期待もだ。失望をさせてしまった責任があると感じている」と語っている。

なお、後任については現時点で未定となっている。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

閉じる