ポーランド代表DFグリク「コロンビアがあらゆる点で優れていた」…完敗にショック

コメント()
(C) Getty Images
ポーランド代表DFカミル・グリクがコロンビア戦について語った。

ポーランド代表は現地時間24日、ロシア・ワールドカップグループH第2節でコロンビア代表と対戦し、0-3で敗れた。第1節のセネガル戦を1-2で落としているため、グループリーグ敗退が決定した。

3点ビハインドの80分から出場したDFカミル・グリクは「ロシアという開催国は素晴らしかった。しかし、フットボールではうまくいかなかった。本当に申し訳ない」と謝罪した。

40分に先制点を奪われたことが試合のターニングポイントとなったか、と質問されると「特に試合が変わった瞬間はありません。私は、コロンビア代表があらゆる点で優れたプレーをしたと思います」と完敗を認めた。

ポーランド代表は最終節で日本代表と対戦する。グリクはGL敗退のショックを受けながらも意気込みを語る。

「私たちには次の試合が待っており、もっとうまくやらなくてはならい」

日本代表にとってグループリーグ突破のかかるポーランド代表との試合は、28日にヴォルゴグラード・アリーナで行われる。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
行方不明のFWサラに父が悲痛のコメント「絶望している。言葉がない」
次の記事:
元日本代表MF稲本潤一、新天地は相模原に決定!「自分の経験や知識の全てをいかして、勝利に貢献したい」
次の記事:
死闘制して準々決勝も、韓国メディアは自国の戦いに辛辣「90分で勝ち切れる相手に…」
次の記事:
プロサッカー選手を目指したボルト氏が“現役引退”「スポーツ人生はこれでおしまい」
次の記事:
「ハラスメントに当たる行為」フランス選手会がラビオを“干す”PSGに警告
閉じる