ポジションについて言及する原口元気「どこでもいいけど、左はやりやすい」

コメント()
(C)Getty Images
原口元気が日本代表の練習後にコメントを残した。

日本代表MF原口元気が自身のポジションについて言及した。

日本代表は14日、キリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦(16日)に向けてトレーニングを実施。3-0で勝利したパナマ戦では左サイドで先発した原口は、改めて試合を振り返り、「間、間で受けることを求められるので、そこでのクオリティであったり、コンビネーションであったりはもっとスムーズにやらなきゃいけないなと思いました」と回顧した。

続けて、原口は「この間の試合に限っては(伊東)純也が結構サイドに張りたがるから、2人張ると真ん中の2人の運動量が増えるかなと思いました。だから、どちらかというと僕は中に入っていくということを心がけてやりました」とコメント。ユーティリティな自身のポジションについては、「右でも左でもどこでも良いですが、やっぱ特に左はやりやすいなと思いました」と、左サイドでのプレーが特徴を出しやすいことを明かした。

最後に、強豪であるウルグアイ代表との試合に向けては、「別に相手どうこうじゃないです。強くていい相手ということは理解しているけど、今僕らがやっていることをどれだけ表現できるかだと思う」と、具体的な相手への対策よりもチームの良さを出すことのほうが重要であると話した。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
元バルセロナのクエンカ、サガン鳥栖に正式加入…同胞F・トーレスと日本で同僚に
次の記事:
ポグバが“帰って来た”スールシャールを大絶賛「チームをファーガソン時代に戻した」
次の記事:
クルトワに続き、ナバスも負傷で離脱…大一番セビージャ戦でルカ・ジダンが先発か
次の記事:
またしてもプレミアから中国に流出か…アルナウトビッチの広州恒大行きが浮上
次の記事:
国王杯準々決勝の組み合わせが決定…5連覇を目指すバルセロナはセビージャと激突
閉じる