ポグバを黙らせた男:PSGが求めていた“6番”として輝いたマルキーニョス

コメント()
Getty Images
PSGの中盤は大一番の前まで不安視されていた弱点だった。だがブラジル人MFは最高のプレーを披露し、絶好調のポグバに仕事をさせず。

パリ・サンジェルマン(PSG)の監督トーマス・トゥヘルがマルキーニョスを守備的DFでの起用を試した時、ここまで機能すると予想できた者が果たしていただろうか。

センターバックを本職とするマルキーニョスは、これまでと異なる役割を命じられた当初はひどいプレーを繰り返していた。だがドイツ人指揮官はこの決定が正しいと信じて疑わなかったようだ。

チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦、PSGはオールド・トラッフォードでマンチェスター・ユナイテッドと対戦。この試合でマルキーニョスは指揮官に“6番”としてのプレーを求められた。アドリアン・ラビオが起用できなくなってから中盤で新境地を開拓し始め、リヴァプールにグループステージで2-3と敗れて以降、改善を続けた。

そして“夢の劇場”でのテストは予想以上の結果に終わる。ユナイテッドのポール・ポグバはジョゼ・モウリーニョが去ってからの11試合で躍動し、世界最高額の選手として調子を取り戻していたが、上回ったのはマルキーニョスだった。

■ポグバとのマッチアップで何もさせず

Paul Pogba Marquinhos Manchester United PSG 2018-19

敵地での初戦を2-0と制しただけでなく、ピッチ内のマッチアップでもマルキーニョスは完勝。「監督は僕に重要なミッションを課した」と話す新米MFはポグバとの対戦についてこのように振り返っている。

「僕は常に気を配っている必要があった。だって彼は自信に満ちているし、多くの試合でゴールやアシストを記録して良いプレーを見せていた。ユナイテッドのプレーは彼を経由して組み立てられていることを僕たちはわかっていた。だから僕はユナイテッドが攻撃に移行するのを阻止することに集中していたんだ」

最近はチームメイトから「皇帝フランツ」とも呼ばれているという。もちろん冗談の一つであることに違いはないが、存在感はそれほどまでに高まっている。まるでポグバの影のように付きまとい、視界から逃すまいとマークを続けた。当然“皇帝”であるからして守備だけではない。ポゼッションも高める役割を果たし、ボール保持の観点でも重要な役割を果たしたのだった。

最後にこれは副産物とも言えるかもしれないが、ポグバは2枚のイエローカードを受け、退場に。3月6日のパルク・ド・プランスでの第2戦には出場できない。PSGにとって朗報であり、中盤での仕事に追われたマルキーニョスにとっても喜ばしいことだっただろう。

■成長にあったのはトゥヘルの存在

Manchester Untied vs PSG Result

新たな才能を開花させつつあるマルキーニョス。そこにはトゥヘルの存在が大きく影響しているという。

「コーチは大きな自信を僕に与えてくれたんだ。彼は僕の中に、僕自身が気付いていない何かを見出した。僕は日々成長していて、チームのためにプレーする用意がある。今日の試合、ユナイテッドのMFを相手に重要な役割を任されたことを僕はちゃんとわかっていたよ」

当然のことながら試合後、チームメイト全員から祝福された。主将のチアゴ・シウバは「とてつもない選手だ」と手放しで称賛。ユリアン・ドラクスラーは重要性を丁寧に説明する。

「ポグバを相手にするというのは難しいことだ。だけど彼はオンザボール、そしてオフザボールの場面でも非常によくプレーしていたよ。たぶんディフェンダーとしての適性の方があると思う。でもこの役割でも彼は最高だ。チームのために素晴らしい働きをしてくれたよ」

3月にパリで行われるセカンドレグに向け、PSGは自信を持って臨むことができる。単にアドバンテージがあるからではない、“6番”という長らく悩みの種だった問題に解決策が見出されたからだ。

▶リーグ・アン観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる