ボルシアMGが武藤嘉紀獲得へ?日本代表W杯敗退で一気に交渉進展の可能性も

コメント()
(C)Getty Images
日本代表としてもW杯で活躍した武藤は今夏に新天地を移す可能性がありそうだ。

ボルシアMGが、日本代表FW武藤嘉紀の獲得を検討していることが分かった。ドイツ『ビルト』が伝えている。

今夏にストライカーの獲得を目指すボルシアMGだが、補強は順調には進んでいない。当初ねらっていたハノーファーFW二クラス・フュルクルーグの獲得は失敗に終わり、さらにスイス代表FWのヨシプ・ドルミッチが今夏の退団を示唆する発言を残しているため、2人のストライカーが必要になるという。

そこでディレクターのマックス・エーベル氏は、武藤に白羽の矢を立てたようだ。『ビルト』によると、以前からマインツ幹部と武藤の移籍について話を進めているという。今夏のワールドカップにも日本代表として出場した同選手は、2017-18シーズンに全公式戦30試合に出場して10ゴールを記録。25歳とこれから全盛期を迎えるであろう年齢で、それほど移籍金も高額ではないとされているため、日本がW杯から敗退した今、一気に交渉が進む可能性があるようだ。

なお、ボルシアMGはニースFWアラサヌ・プレアの獲得にも動いているようだ。

W杯ではポーランド戦1試合に出場した武藤。マインツ幹部も「良いオファーがあったら、話し合うつもり」と売却に乗り気であり、すでに代役としてヨンからFWジャン=フィリップ・マテタを獲得している。

武藤は、憧れのプレミアリーグ挑戦か国内のステップアップ、どちらを決断するのだろうか。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
バルセロナ加入のボアテング、レアル贔屓の発言は「もう過去のこと。次のクラシコでゴール決めたい」
次の記事:
「本来ならボールを握りたいが…」森保監督、耐え忍んでの勝利に「1つのオプションができた」
次の記事:
スカウティング通りのCKからの得点…吉田麻也、分析スタッフを誇る「日本人は緻密」
次の記事:
開催国UAEがキルギスとの延長に及ぶ死闘制す!準々決勝では前回王者オーストラリアと激突/アジア杯
次の記事:
日本対サウジの一戦を『FOXスポーツ』が採点…最高点は吉田&冨安のCBコンビ!
閉じる