ホームで優勝決められないバイエルン…ミュンヘンで歓喜を味わったのは18年前

コメント()
Getty Images
ドイツの強豪バイエルン・ミュンヘンにも意外なジンクスが存在する。

今季もバイエルン・ミュンヘンが圧倒的な強さを見せつけ、ブンデスリーガで5試合を残しながら、優勝を果たした。しかし、ある意外なデータが注目を集めている。

バイエルンは7日、アウクスブルクに勝利し、史上初となるブンデスリーガ6連覇を達成。28度目の戴冠を成し遂げた。6連覇という数字が示すとおり、近年はドイツで「1強体制」を築くバイエルンだが、そのほとんどを“アウェー”で優勝を決めている。

2000年以降から12度リーグを制しているバイエルンは、そのすべての瞬間でホームのファンと優勝を分かち合うことはできず。昨シーズンも6-0とヴォルフスブルクに大勝したものの、アウェーの地であった。また。14-15シーズンに関しては他チームの成績により、バイエルンの試合がない日に優勝が決まっている。

バイエルンがホームでサポーターと優勝の瞬間を共有したのは何と18年前。1999-2000シーズンのことで、ブレーメンを3-1と下している。つまり2005年に誕生したホームスタジアム、アリアンツ・アレーナでは一度も優勝を決められていない。

そして今回もこの奇妙な“ジンクス”に倣うようにアウェー・アウクスブルク戦で優勝を決めた。メンバーを落とし、1点を先制され、次節のホームゲームであるボルシア・メンヒェングラッドバッハ戦に優勝は持ち越されるかと思われたが、地力の差を見せつけて4-1と勝利している。

主力のトーマス・ミュラーは試合前、地理的に近いアウクスブルクで優勝を決めることに前向きな意見を示していた。それでも、ホームのファンと喜びたいというのが本音かもしれない。

▶ブンデスリーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
「前線にとって楽しい試合ではなかったけれど…」武藤嘉紀、守備に奔走もサウジ戦の勝利に満足
次の記事:
防戦一方、サウジの息の根を止められなかった日本。問われる森保監督のマネジメント
次の記事:
サウジに苦戦も結果が出たことに満足の柴崎岳「意識を統一して戦えたことは収穫」
次の記事:
日本を勝利に導いた20歳冨安健洋に伊紙も賛辞「GKが何もできない豪快なヘッド」
次の記事:
ポゼッション率は1998年以来最低の「23.7%」…データが示す森保ジャパンの“大苦戦”
閉じる