「ペナルティじゃない」豪州指揮官がVARで与えられたフランスのPKに不満

コメント()
©Getty Images
ロシアW杯初戦でオーストラリアがフランスに1-2で敗戦。ベルト・ファンマルバイク監督が悔しさを滲ませた。

16日に行われたロシア・ワールドカップのグループC初戦でオーストラリアはフランスに1-2で敗れた。試合後、ベルト・ファン・マルバイク監督がオランダの『NOS』を通じて、VARで献上したPKについて不満を述べた。

オーストラリアはスコアレスで迎えた58分、PA内でジョシュア・リズドンがアントワーヌ・グリーズマンに足をかけてしまう。主審はプレーを流したものの、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)により再度判定することに。一時の中断を経て主審はリズドンの反則を認め、フランスにPKを与えた。このPKをグリーズマンに決められ、フランスに先制点を許した。

ファン・マルバイク監督はこの一連の判定を下した主審を「不確か」と非難。「ベンチから見ていてペナルティだとは思わなかった」とPKの判定に不満をあらわにした。続けて「戦いぶりには満足しているが、同時に失望している」と悔しさを滲ませた。

「私たちは勝つことができたと思う。悪くても引き分けが妥当の結果。そういう意味ではポイントを失った」

接戦を演じながらも最後の最後で勝ち越しゴールを許して敗れたオーストラリア。次戦は21日にデンマークと対戦する。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
アンデルレヒトがMFジュリを獲得…ライバル出現も森岡亮太は「残留希望」か
次の記事:
3戦を振り返る森保監督「僕が言ったことだけでなく」…メディアにもオープンな姿勢を求める
次の記事:
ヴァイグルを強く求めるPSG指揮官トゥヘル「依然として興味深い選手」
次の記事:
森保監督、次戦先発は「ギリギリまで悩む」。サウジへは警戒感示す「アジアでもトップクラス」
次の記事:
札幌と広島が参加のJリーグアジアチャレンジinタイ、DAZNで全試合ライブ配信!
閉じる