ペドロ&アザール弾のチェルシーがボーンマスに完封勝利! 開幕4連勝を達成/プレミアリーグ第4節

コメント()
(C)Getty Images
プレミアリーグ第4節のチェルシー対ボーンマスが行われた。

チェルシーは1日、プレミアリーグ第4節でボーンマスをホームのスタンフォード・ブリッジに迎えた。

開幕3連勝中のチェルシーが、2勝1分けで負けなしの好スタートを切ったボーンマスを迎えたロンドン・ダービー。チェルシーのサッリ監督は2-1で勝利した前節のニューカッスル戦からペドロに代えてウィリアンを起用する1点を変更した。

試合は、立ち上がりからチェルシーがボール保持率を高めてボーンマスを押し込む展開となる。攻撃のタクトを振るジョルジーニョをボーンマスに警戒されたチェルシーは、ダビド・ルイスが積極的にビルドアップに関与。相手最終ラインとのギャップを突くアザールやウィリアンにボールを早めに供給し、サイドアタックでゴールを目指す。

ハーフタイムにかけてもチェルシーがポゼッションで圧倒。しかし、リトリートするボーンマスの組織立った守備をなかなか崩しきることができない。それでも、45分にこの試合最大の決定機を演出する。ボックス左のアザールからマイナスのパスを受けたマルコス・アロンソがペナルティアーク付近でダイレクトシュート。だが、右足で放ったコントロールシュートは、左ポストに弾かれた。

ゴールレスで迎えた後半も前半と同様にチェルシーが押し込む展開に。55分にはボックス左で仕掛けたアザールからの折り返しをマルコス・アロンソがシュート。しかし、枠内に飛んだボールは古巣対決のGKベゴヴィッチのセーブに遭う。

攻撃を活性化したいサッリ監督は、61分にモラタに代えてジルー、そして65分にウィリアンを下げてペドロを投入。すると、この交代策が当たる。72分、バイタルエリアでボールを受けたペドロがジルーとワンツー。ペドロがペナルティアークで放ったシュートがゴール左に決まり、チェルシーがついに試合の均衡を崩した。

その後もチェルシーが試合をコントロール。85分には、エースの一撃で追加点を挙げる。マルコス・アロンソとのワンツーでボックス左に進入したアザールが左足を振り抜く。鋭いシュートがゴール右に突き刺さり、チェルシーがスコアを2-0とした。

結局、試合はそのまま終了。チェルシーが開幕4連勝を決めた一方、ボーンマスは今季初黒星を喫した。

■試合結果
チェルシー  2-0 ボーンマス

■得点者
チェルシー:ペドロ(72分)、アザール(85分)
ボーンマス:なし 

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
ユーヴェ指揮官、C・ロナウドのPK失敗に「実は朝の練習でも失敗だったんだ」
次の記事:
「数日前からイグアイン退団の雰囲気がある」ミラン監督代行がジェノア戦後に認める
次の記事:
昌子源が公式戦2試合連続フル出場…トゥールーズが延長PK戦を制しフランス杯16強進出
次の記事:
カタールからの関心も、中島翔哉の選択肢はあくまで欧州のみ…本人が明言
次の記事:
未だ行方不明のカーディフFW…古巣ナント指揮官ハリルも悲痛「最悪の事態だと思われる」
閉じる