ベンチ降格のバイリー、冬にマンチェスター・U退団?ノースロンドンの2クラブが獲得に興味か

コメント()
Getty Images
ブライトン戦以降出場機会の減るバイリーは次の移籍市場で新天地を求めるかもしれない。

コートジボワール代表DFエリック・バイリーは来冬にマンチェスター・ユナイテッドから退団する可能性がある。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。

2016年に3000万ポンド(当時約46億円)でマンチェスター・Uに加入したバイリー。デビューシーズンからインパクトを残すプレーを見せるも、昨シーズンはケガに悩まされ、多くの試合に欠場した。そして今シーズン、開幕戦からスタメンでチャンスをつかんだ同選手だが、第2節のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦でのミスを重く見たジョゼ・モウリーニョ監督からベンチ降格を命じられた。

その後、バイリーはトッテナム戦ではメンバーから外れ、続くバーンリー戦、ワトフォード戦でも終了間際の出場にとどまっている。これを受け、モウリーニョ監督からの信頼を勝ち取れないでいるコートジボワール代表DFは、来冬の退団を真剣に検討しているようだ。

そんな中、バイリーの動向を注視するのは、ノースロンドンの2クラブ。そのうちの1つであるトッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、スペイン時代から同選手をよく知っており、引き抜きに強い関心を寄せると考えられている。一方、ディフェンス陣の強化を目指すアーセナルも獲得に動き出す可能性がある。

今後もベンチ生活が長引くことになれば、バイリーはノースロンドンに活躍の場を求めることになりそうだ。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
ロイス、バイエルンへの移籍を断固否定「絶対にない。約束できる」
次の記事:
アザール、レアル・マドリー移籍を決心か…思いは強く契約延長を拒否と報道
次の記事:
関根貴大、シント=トロイデンで昨年9月以来の実戦に「徐々に進んでいく。ここからがスタート」
次の記事:
モラタ、アトレティコ入りに同意…移籍実現へ残る障壁は?
次の記事:
“不協和音”響くアーセナルが宿敵チェルシーとの大一番へ…注目のエジル起用はあるのか?
閉じる