ベッカム、ブッフォン、ロナウドに本田圭佑…伊記者が選手出身のクラブオーナーを特集

コメント()
(C)Getty Images
イタリアの有名記者ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏の公式サイトで、サッカークラブのオーナーを務める選手らについて特集が組まれた。

先日、元ブラジル代表FWのロナウド氏がバジャドリーを買収して話題となった。イタリア人ジャーナリストであるジャンルカ・ディ・マルツィオ氏の公式ウェブサイトでは、3日に特集が組まれ、日本代表MF本田圭佑などサッカークラブを所有する選手らが紹介されている。

ディ・マルツィオ氏のサイトでは、「ロナウドだけではない。クラブのトップに立つ元選手たち」との見出しで、サッカークラブのオーナーとして活躍する元選手らにスポットライトが当てられた。「サッカー選手としてのキャリアの後は、監督としてのキャリアが自然であると言ったのは誰だ? サッカーに投資し、クラブの会長やオーナーになる者までいる」と続けている。

■“三足”のわらじを履く本田圭佑に注目

メルボルン・ヴィクトリーに所属する本田についても触れられた。「アジアからオーストリアまでケイスケ・ホンダの長い旅。彼は実際、サッカー界において様々な活動を行っている」と紹介し、「夏にはメルボルン・ヴィクトリーと契約し、ロシア・ワールドカップにも日本代表として出場し、選手としてのキャリアはまだ終わっていない」と説明。その上で、「元ミランのファンタジスタは最近、カンボジアの(実質的な)代表監督に指名された」と綴り、本田の驚くべきキャリアに注目した。さらに3年前からオーストリアのSVホルンを経営していることにも言及。「まさにロッソネーリのユニフォームを身にまとっていた時、彼はオーストリアサッカーに投資することを決めた」として、名門ミランで背番号10を背負っていたときの出来事であったことに興味を示した。

記事ではこのほか、2013年に故郷のクラブであるカッラレーゼの株式を買収し、2年間は会長も務めたGKジャンルイジ・ブッフォンや、2015年に米国でNASLマイアミの設立に携わったパオロ・マルディーニ氏を紹介。さらに同じくマイアミで新クラブの設立へと動くデヴィッド・ベッカム氏やベラルーシのディナモ・ブレストの会長に就任したディエゴ・マラドーナ氏も挙げられている。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
モドリッチ、レアル・マドリー残留の意思を強調「ここでもっと続けたい。加入初日のように幸せだ」
次の記事:
セビージャ撃破のレアル・マドリー、ソラーリは流血モドリッチの闘志を称賛「彼はファイター。その魂を示した」
次の記事:
アトレティコ、ウエスカに3発快勝で第4節以降無敗を維持!首位バルセロナを勝ち点2差で追う
次の記事:
PSGに緊急事態…ヴェッラッティの重傷をトゥヘル認める「起こりうる最悪の事態」
次の記事:
“MCN”揃い踏み!PSG、クラブ記録に並ぶ9-0の圧勝…首位独走で2位とは13ポイント差に/リーグ・アン第21節
閉じる