ベイル、レアル・マドリーの新監督待たず移籍に動く…マンチェスター・Uがプレミア最高の待遇用意か

最終更新
コメント()

レアル・マドリーMFガレス・ベイルが、今夏の市場で同クラブを退団するべく動き出しているようだ。イギリス『ザ・タイムズ』が報じている。

ジネディーヌ・ジダン監督率いる今季のレアル・マドリーで、出場機会が少なさに不満を持っていたとされるベイル。ジダン監督は辞任したが、『ザ・タイムズ』曰く同選手の代理人は新監督が誰になるのかを待つことなく、移籍への準備を進めているようだ。

同紙によれば、ベイルの移籍先の最有力候補は、マンチェスター・ユナイテッドの模様。ユナイテッドは、レアル・マドリーがベイル獲得の際にトッテナムに支払った1億ユーロ(約128億円)以上の移籍金を用意しており、またベイルもプレミアリーグ復帰に前向きであるという。

ユナイテッドはプレミアリーグ最高の給与となる、週給50万ポンド(約7300万円)でベイルを迎える考えとみられている。

Goal_worldcup_article_banner

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
ベティス監督セティエンが乾貴士を激励「タカが大好き。大切な選手であり、これからプレーする」
次の記事:
ベティス乾貴士、出場機会が限られる現状に苛立ちも…「打ち勝つことができる」
次の記事:
バルセロナGM、ネイマール再獲得ほのめかす「可能性あるとして考えないわけがない」
次の記事:
イニエスタが語るJリーグ「ここでは勝っていようが負けていようが早急に攻撃を仕掛ける」
次の記事:
大迫勇也から学べる点を語る北川航也「近くで見ることができて幸せ」
閉じる