プルゼニMFを“ひじ打ち”で病院送りにしたS・ラモス「偶然だ。同業者をケガさせる意図など決してない」

最終更新
コメント()

7日のチャンピオンズリーグ・グループG第4節、レアル・マドリーは敵地でのヴィクトリア・プルゼニ戦に5-0で大勝した。DFセルヒオ・ラモスは試合後、自身との接触で病院送りとなったMFミラン・ハベルについて言及している。

この試合の14分、S・ラモスがプルゼニのロングボールを追いかけた際に、そのひじがハベルの顔面に当たった。鼻から出血したハベルはプレー続行不可能となり、鼻骨を骨折した疑いがあるために病院へ直行している。

昨季のチャンピオンズ決勝ではリヴァプールFWモハメド・サラーの肩を脱臼させたとして批判を浴びたS・ラモス。マドリーのキャプテンは、相手選手を負傷させる意図などないことを、改めて強調している。

「偶然の出来事だった。同業者をケガさせる意図など決してない。試合後に彼と話をしようとしたけど、もういなかった。だからメッセージを残しておいたよ」

S・ラモスは今季、他クラブのサポーターのほか、自クラブのサポーターからも批判を浴びている。その理由は、選手として増長し過ぎてるのではないか、という疑いから。そのエピソードの一つとして挙げられるのが、レアル・マドリーがアントニオ・コンテ監督招へいに動いた際に「敬意は押し付けるものではなく勝ち取るもの。レアル・マドリーがどのような監督と一緒に勝利してきたか、説明する必要はないだろう」と発言したことだ。

S・ラモスは、コンテ監督招へいに対する牽制ともされた以上の発言について、次のように釈明している。

「彼について話したことなんて一度もない。厳しい監督に関する話題が一人歩きしていたようだ。だけど、僕は彼について話したわけではないんだ。ただ、監督は敬意を勝ち取らなければならないと言っただけなんだよ」

「クリスティアーノ(・ロナウド)が去ってから、僕だけが標的となっているね。でも自分は、そんな状況ともうまくやっていけるよ」

▶UEFAチャンピオンズリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
2019年からプレー可能のナスリが再びプレミアリーグへ…ウェスト・ハム加入が間近に
次の記事:
イブラヒモヴィッチがMLS新人王に輝く…僅差の得票率でルーニーを上回る
次の記事:
堂安律、オランダ複数メディアでベストイレブンに選出!前節に引き続き…
次の記事:
ぶつかり合うエゴ、すれ違う言葉…ピケがビダルとベティス戦後に口論「“俺”じゃなくて“俺のボール”と言ってくれ」
次の記事:
レアル・マドリー行きも噂されたコンテ氏、来夏にイタリアで再始動か?「今からスペインに向かうよりも…」
閉じる