ブラジル、GKナバスに大苦戦もコウチーニョの2戦連発弾で土壇場白星!/W杯グループE第2節

Philippe Coutinho Brazil 2018 World Cup
Getty Images
ブラジルが辛くも今大会初白星をあげた。

ロシア・ワールドカップグループE第2節が22日に行われ、ブラジルとコスタリカが対戦。

ブラジルは負傷が伝えられたネイマールが先発。右サイドバックのダニーロは欠場し、ファグネルが初スタメンを飾った。

ブラジルが押し込みながら、最初に決定機を作ったのはコスタリカ。クリスティアン・ガンボアが右サイドを破ると、走り込んできたセルソ・ボルヘスがクロスに合わせる。しかし、インサイドキックで狙ったシュートは惜しくもゴール左に外れ、値千金のゴールは生まれない。

ブラジルはコスタリカの5バックをどのように崩すか思案。27分には絶妙なロブパスにネイマールが抜け出す。わずかに流れたトラップを見て、GKケイロル・ナバスが飛び出し、事なきを得る。

ブラジルの簡単に転ぶ仕掛けにコスタリカは苦戦しつつも、粘り強い守備と素早いカウンターで対抗。王国ブラジルに一歩も引くことなく前半を終える。

後半ドグラス・コスタを入れ、立ち上がりからブラジルが大きな圧力をかける。クロスからネイマールが決定機を迎えると、直後にはガブリエウ・ジェズスのヘディングがバーを直撃。その流れから、パウリーニョがフリーでクロスに合わせるも、コスタリカDFの懸命なブロックに阻まれてしまう。

さらにネイマール、コウチーニョが続けざまにエリア内からシュートを放つ好機に恵まれるが、ともにナバスがセーブ。鬼神のごときセービングを続け、ブラジルに得点を許さない。

埒が明かないブラジルは、パウリーニョに代えてロベルト・フィルミーノを投入。アタッカーの枚数をさらに増やす。

72分にはネイマールが高い位置でボールを取り返し、一人で決定機を作り出すが、シュートはわずかに枠の右。チャンスを逸してしまう。

それでも圧力をかけ続けたブラジルがついに待望の瞬間を迎えた、と思われた。。ジェズス、ネイマールとつなぎ、ネイマールは一人かわして倒されると、主審がPKスポットを指差す。しかし、VAR(ビデオアシスタントレフェリー)によって判定は覆り、ブラジルにPKは与えられず。

最後まで前がかりに攻め続けたブラジルが最後に実る。アディショナルタイム6分が表示された直後に試合は動く。

左サイドからマルセロがクロスを送ると、ジェズスが収める。それを走り込んできたコウチーニョがダイレクトでナバスの股間を抜き、ついに先制点を奪う。

さらに終了間際、カウンターからネイマールが追加点を挙げ、ブラジルが2-0で勝利。今大会初白星を手にしている。

■試合結果
ブラジル 2-0 コスタリカ
■得点者
コウチーニョ(90+1分)、ネイマール(90+6分)

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる